ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.7.22 10:10日々の出来事

身体が動く今、巡業するしかない

千葉のマー君が支部を作って、小巡業を開催したい
と言い出したらしい。
「愛子天皇への道」サイトで知り合った人同士で、
本気で愛子天皇への道を切り開こうとリモート会議
をやったりしているようだ。
その自主性は尊重する。
そこまで意欲がある人は宝だ。

来年の直訴の要望も続出状態で、総合Pちぇぶに
よると、来年のスケジュールが埋まって行くので、
千葉の今の並外れた意欲を活かすには年内開催が
必要だと言う。

昨夜、吉田拓郎の卒業バラエティーを見たら、
かなり老けていて、声が出なくなってきたなと
寂しい思いだった。
わしの一つ上の世代が老け込んできたので、わしも
あと数年かもしれない。
愛子天皇のために、身体が動くうちに全国行脚も
しておかねばならないだろう。
皇室が消滅したら、日本は終わる。
後で後悔しても遅い。

「ゴー宣道場」は基本的に隔月でやっていくが、
全国に「確信的な愛子天皇支持者」を増やすためには、
隔月のみでは足りない。
50人程度の会場でもいいから、わしが巡業して回る
しかない。

巡業は「確信的な尊皇派」を増やすためだ。
雑誌やネットや単行本は、一般的な愛子天皇支持を
増やすだろうが、「確信的支持者」は対面しないと
生まれない。
やるしかない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ