ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.7.28 15:21日々の出来事

腹が出ることは仕方ないじゃないか。

ふ~~~~~~~~~、やっと「安倍銃撃と統一協会」
の『ゴー宣』コンテを描いた。
実に見事な「保守」、「真正保守」から見た視点で描いた。
「マンセー安倍ホシュ」ではなく、「アベガーサヨク」
でもない「真正保守」の立場から描いたのだ。

しかし仕事の集中度が高いから、腹が何度でも減る。
果物食ったり、牛乳飲んだり、アイス食ったり、
ドリンク剤飲んだり、シュークリーム食ったり、チョコ
食ったり、ナッツ類食ったりしているので、どうしても
腹が出る。
座りっぱなしなので、脚が萎えてくるし、腹だけ出る。
しかし、どうしようもないじゃないか!

わしは人の100億倍くらい脳を使っているんだ!
腹が減るともう脳に霞がかかって、モノが考えられない。
ぼあ~~~~~~~~~っとして、必死で起きていよう
と頑張っているだけで、仕事がまったく進まない。
コロナの後遺症で脳に靄がかかったような倦怠感とか
いうが、空腹時のわしはそれ以上だ。

カロリーを脳で消費しきっているから、甘いものを
食ったりしなければ、夕食までモタない。
だが食うと腹が出る。

わしだって馬鹿になっていいなら、筋肉質になるのは
簡単なことだ。
大学生の頃は肉体労働のバイトばかりしていたから、
ウェイトリフティング部の奴らと腕相撲して、最初は
コテンパンにやられたのに、1か月後はなんと勝って
しまって、驚かれたことがあった。

ウェイトリフティング部に入れと、さんざん口説かれ
たが、漫画を描くからダメだ、ペン軸をへし折って
しまったら、どうするんだと必死で断わったことも
あった。

だがわしは漫画家になって、もう宿命に逆らわない
ことに決めたのだ。
わしはペン軸しか持たない、筆ペンしか持たない、
ペットボトルは女が開けろ!
それがわしの信条になってしまった。
腹が出るのも仕方がない。

一日中座ったままの体制を崩せない。
歩かなきゃいけないことくらい知っているから、
一応、ナイキの運動靴を買った。
さあ、誰がわしと散歩してくれるんだ?
女としか散歩せんぞ!

犬と散歩するなんて、わしのプライドが絶対許さん!
犬と散歩して犬の糞を拾うなんて、そんな犬の奴隷
みたいな存在になったら、もう人前に出ることが
できん!

とにかく女がなんとかするしかない、わしの腹は!
女の責任だ!

昔、何百万もの会員費を払って、ジムに通い始めた
ことがある。
だが、男がフリチンで着替える姿を見て吐き気がして、
以降、ジムに行ったら必ずレストランで食事するだけ
で帰ってきた。
全然、効果がないから、頭に来て止めたのだが、ジムに
通う前より太っていた。
まったく役に立たないジムだった。

女が小林よしのりに惚れるなら、腹が出ることを喜び
ながら惚れるか、一緒に散歩するかくらいしなきゃ
資格がない。
そして老人になったら、車いすに乗ったわしを後ろから
色っぽく押すのだ。
ぬふふふ・・・そんな老後がいいな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ