ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.8.2 06:21日々の出来事

『コロナ論』の文庫化が進んでいる

『コロナ論』の文庫本が9月から2巻ずつ出るらしい。
昨日は1巻目の表紙が送られてきて、なかなかカッコ
よく、しかも楽しく出来ていたので、嬉しくなった。

一気に5巻出すという案もあったが、今の状況だと
まだオミクロンの変異ウイルスが流行っているし、
秋になったら5類に落とすという空気も拡がってきて
いる。
9月、10月、11月と、2巻ずつ発売するのが妥当だと
思う。

それに、全巻文庫化されるのなら、5巻にもう1本、
完結編を描き下ろして、完全収束感を出したい。

描き下ろしは原稿料が出ないし、「ファクターM」の
作業もある中で、負担を増やすので、スタッフは嫌がる
だろうが、やはり描きたい。
秘書みなもトッキーも描くべきだと言ってくれている。
5巻発売を12月に遅らせるという手もある。
文庫版は今後も歴史に残っていくものにしたいから、
完全完結編は描いておかねばならない。

『コロナ論』は病気の「絵解き漫画」ではない。
『ゴー宣』を読み慣れていない人から、もっと子供にも
分かるように、やさしく、分かりやすく描けないかと
言われたが、『コロナ論』はそういうものではないのだ。
病気の解説書ではない。

コロナ禍を通じて、日本と世界で何が起こったか、
人々がどう振る舞ったか、日本だけが最後まで狂った
ままなのは何故なのか?
「コロナ禍」で起こったこと全体を、小林よしのり
という視点から描き尽くす作品である。
将来、コロナ禍を客観的に捉えたい研究者が出てくれば、
『コロナ論』を読めば一望できる。
将来の日本人にとっての研究材料になると思う。

というわけで、昨日は完結編のシナリオに着手してしま
った。気が早いな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ