ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.8.2 08:20日々の出来事

「たいものれい」より権力者の国葬が大事?

「日本で私が憂慮するのは、天皇陛下の国葬は当然だと、
これは『たいものれい』だと。権威は認めるけど、
民主主義で選んだ総理大臣に対して毀誉褒貶あろう、
だけども政治(家)はダメっていうのは、民主的には
おかしいと思っているんです」

最近、話題になった三浦瑠麗の言葉である。
「たいものれい」って何だと思ったら、「大喪の礼」
(たいそうのれい)の言い間違いなのだ。
現在、ネット民に相当に馬鹿にされている真っ最中だが、
このセリフ、単なる「言い間違い」のレベルじゃなくて、
そもそも三浦氏が、天皇について、全く無知なのが
バレバレなのだ。

「権威の国葬はいいが、権力者の国葬がダメって、
不平等じゃん。民主的におかしいじゃん」と三浦氏は
言っている。
あまりにメチャクチャで手がつけられない。

天皇陛下の場合、「国葬」ではないし、たかが元首相の
葬儀と比較することはできない。
「権威」と「権力」を同列に扱っているのも異常で、
むしろ「権力者」の国葬こそ行なうのが民主的だと思って
いるらしく、三浦瑠麗はそもそも天皇制の意味・意義が
全然分かっていない人なのだ。

井上達夫氏はリベラルで天皇制廃止論者だが、三浦氏
のようにデタラメではない。
基礎知識としての言葉も正確に知っているし、言葉を
意識してコントロールしている。
理論としては、井上氏の思想は十分理解できる。
三浦瑠麗はリベラルを自称するが、井上氏とは雲泥の差
なのだ。

だが、そもそも天皇への敬意がなぜ必要かということに
ついて、自称保守にも全然分かっていない人だらけだ。
皇位継承についても、天皇が間違いで、自分が制度設計
できると、本気で信じているのだから、三浦瑠麗と
大差ない。

自称保守にしろ、自称リベラルにしろ、「国民主権」が
脳髄まで沁み込んでいるから、権力には敬意を払うが、
権威には払わなくていいと思っている。
そもそも民主主義なのに、権威(皇室)に敬意を持つ
意味が分からないという内心は、自称保守にも、自称
リベラルにも浸透している。

だからといって、わしは天皇崇拝者でもなくて、熱に
浮かされるように涙を流す信者でもない。
ただ一般国民がなんとなく敬意を抱くほどには天皇に
敬意を持とうと決めている人間だ。
天皇という権威が日本人には必要だと思っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第107回

第107回 令和4年 9/11 SUN
14:00

テーマ: シナ男系主義からの離脱–愛子天皇へ(ゲスト:宇野常寛氏)

INFORMATIONお知らせ