ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
ちぇぶ
2022.8.31 12:05皇統問題

施光恒の男系カルトコピペ論を論破!『愛子天皇への道』からコメント紹介

施光恒の男系カルトコピペ論に、怒りと呆れたコメントが殺到しています。

『愛子天皇への道』から論破コメントを紹介します。

・・・・・・・・・・・

施氏は日本の歴史に基づく独自性を緻密に研究する学者として、様々な説を論じていると思っていましたが、皇統問題についての論考はなんと薄っぺらいことか。

日本の歴史のなかで、天皇の日本における有り様を念頭におかずして日本人論を語ることなど無理なことでしょう。それが、紋切り型の根拠に乏しい説ばかり。

日本の双系の慣習についても吟味された様子もなく、愛子さまが天皇になることは、国を分断するという何の根拠もない言い分を書きっぱなし。到底納得できる記事ではありませんでした。

ここまできたら、この方が本当に日本の歴史を彩る風習、文化、そして伝統を本当に理解されているのか甚だ疑問に思います。何しろ、現代の日本国民の意向さえ把握しかねているように思えますから。(rokuさん)

 

男系男子の安定的な皇位継承は、旧宮家と呼ばれていた民間人の補填と医療倫理を犯させる事だけなのです。

民間人の補填は、何度しても男性のみの限定なので皇族は確実に減って行きます。医療は、妃の精神、肉体に酷い事をされます。そして何より神道の家なのに神領域を犯すのです。

本当にありえません。(すずらんさん)

 

・愛子さまが正統ではないという意見の方が大きくなる
→竹田恒泰を始めとする旧宮家系人民男の方が正当性に欠ける。
・結婚、懐妊に当たって議論を呼ぶ
→常識的な国民なら愛子天皇の子が次に即位することを歓迎する。(京都のSさん)

 

色々と細かい部分を挙げていくこともできると思うのですが、結論の「われわれは皇室の伝統を学び、先人の思いを汲(く)み取らなければならない。それに基づき、現代の問題に対処し、旧宮家の皇籍復帰などしかるべき手立てをとっていく必要がある。」を考えてみようと思います。

そもそも、皇室の伝統や先人の思いというのは、男系で繋いでいくことだったんでしょうか?男系で繋いでいくことが重要なら、側室が必要になるでしょうが、側室は昭和天皇が廃止されてます。昭和天皇は伝統や先人の思いを蔑ろにしてたんでしょうか?そうではなく、歴史や伝統と踏まえて、変えるべきことと守るべきことを峻別されていたのだと思います。

それに、「旧宮家の皇籍復帰など」を解決策として挙げていますが、皇室に入りたいという旧宮家の男性がいるのでしょうか。そして皇籍取得を実行しようとすれば、憲法十四条の「門地による差別」にあたります。施氏は憲法違反の問題をどうクリアしようと考えているのでしょうか。というかこれは有識者会議のヒアリングでも指摘されていたことであり、施氏はこの問題を真剣に検討したとはとても思えません。

以上のことを踏まえますと、施氏の言っていることが全部正しいとしても結論が破綻してるので、誠実な人間ならば、ここで愛子天皇を認めざるを得なくなるはずです。それができないのであれば、残念ながら施氏も男系カルトの仲間入りを果たしたとみなすしかないように思います。(じーまさん)

・・・・・・・・・・・・

『愛子天皇への道』ではほかにもたくさんの論破コメントを紹介しています。

【論破祭り】新聞に掲載された、施光恒氏の「愛子天皇反対論」を論破しよう!

次はTwitterの論破コメントを紹介します。

ちぇぶ

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ