ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.9.3 11:50日々の出来事

福岡・国防の歴史ツアー、すごくいいなぁ。

総合Pちぇぶが企画した「福岡・国防の歴史ツアー」
楽しそうだな。
しかも安い。あれを一か所づつ個人で見に行ったら、
大変な時間とカネがかかる。

そもそも国家の命運を賭けた国防意識が芽生えたのは、
白村江の戦いに敗戦した直後の、天武天皇の時だし、
天武天皇って本当に凄い人物だった。

水城跡は壮大な国防インフラなので、現地で想像を
巡らしたら、古代日本人の凄さがよく分かる。
平和ボケ現代人とは全く違う。
わしももう一度行きたいが、わしの今の脚力じゃ無理
だな、自信がない。

だが、防塁跡は実は見たことがないんだ。
鎌倉幕府、第8代執権・北条時宗の時代に、モンゴル
帝国の2度にわたる襲来を退けたのは、単なる神風
では絶対にない!
元軍の船の構造や、馬が上陸できなかったことなど、
モンゴル軍の杜撰な作戦と、日本軍の圧倒的な勇敢さ
があったからだ。
防塁跡、見たいな~~~~~。

属国にならない!  国防の覚悟を持つ!
その魂を継承するための「福岡・国防の歴史ツアー」
ちぇぶはよく考えたと思う。
わしも行きたいな~~~~~。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ