ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2022.9.13 09:07ゴー宣道場

東海道場、お疲れさまでした&まんぷく

東海道場、お疲れさまでした。
ゲストでお越し下さった宇野常寛さんの
「保守カルト」という言葉は、
非常に印象に残りました。
第一部では統一教会、第二部では男系固執派論破祭り、
全く異なるように見える前後半の話に
通底するキーワードではないかと思います。

とりわけ第二部での男系派の主張に対する
宇野さんの反応がおもしろかったな〜。
でもそうだよね、「なんじゃそりゃ!」という
反応が一般的なんですよ。フツーなんですよ。
男系派の主張に接しすぎていて、
私自身がいつの間にか麻痺している!?
と、宇野さんの率直な嫌悪感の表明に
いたく感激した次第です。

ともしら隊長はじめ、設営に携わったサポーターの皆さま、
本当にお疲れさまでした!

さて、ここからはまんぷく道場です。
控え室に入った途端、ステキなものが
目に入りましたよ♪


やけにオシャレなおはぎ!!
やさしい甘さでございました。

場外乱闘では、がっつり肉!!
ローストビーフにステーキ、
それがもう注文し放題っていうんだから驚いた。

隣にいたサポーターRさんが、ひたすら肉と
フライドポテトを頬張っていた。
若いって、若いって・・・すばらしい。
もはやオカンの気持ちだ。

ええっと、あとは突然出てきた
千葉県キャラクター「チーバくん」。

10/22に「オドレら正気か?」を千葉で初開催!
そのPRのつもりだったのだけど・・・
肝心のポスターがチーバくんに隠れて見えません。
ご、ごめん・・・。

(チーバくんは小林先生のお誕生日ケーキを食べようとしています)



笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ