ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.9.23 07:07日々の出来事

統一協会と安倍晋三のレガシー

統一協会の記者会見、完全失敗!
テッシー・勅使河原が有名だから好感度を上げる
だろうと出してきたが、尊大な態度で、国会議員に
だけ迷惑をかけたと謝罪してるのが馬鹿丸出し。

国会議員が統一協会にとって、どれだけ大事な存在
だったか告白したようなもので、信者に謝らないのは、
信者を集金マシーンとしか思ってなかった証拠だ。

さらに両親が信者の2世の苦悩については、家庭内で
解決すべきと、非情の答弁をしてしまったのだから、
もう終わっている。
国民に嫌われるためだけに記者会見をしたも同然だ。

エセ保守雑誌「HANADA」がなぜ応援に駆け付けなか
ったのか?
あれだけ統一協会を擁護していたが、今後は統一協会の
ことは隠蔽して、ただひたすら安倍マンセー国葬賛成
だけで乗り切るつもりか?

産経新聞も、露骨に安倍晋三の伝説化に精を出してるが、
なにが成功した政策だったのか、さっぱり分からん。
奴らがレガシーにしたい政策は、すべて×をつける
ことが出来る。
産経は自分の墓掘りに精を出して商売的に大失敗に
なるのじゃないか?
わしは産経新聞を購読してるし、生き残って欲しいのに、
エセ保守ばっかりだから、心配でたまらんよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ