ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
倉持麟太郎
2022.9.24 12:43

【政治を諦めないために野党を語り続けるfeat馬淵澄夫】

今週の #クソすば は、立憲民主党の馬淵澄夫衆議院議員(元国交大臣、前国対委員長)をゲストに『現代日本の野党論~政権交代は夢想?』と題して、500万年無理?かもしれない政権交代について、それでも真正面から語ってみました☆

 


財政から安全保障、そして最後は神話の世界をも包含した日本の多様で相手をせん滅しない寛容なアイデンティティ論までいったのは、個人的にはとても幅広い議論ができたと満足しています。
政界ターミネーター馬淵、ロボコップ岡田、そして同じ奈良の高市さんへの言及は笑った(笑)

 

今の「エセ保守」批判は大変まともな保守からの批判であり、明治以降の歪んだ日本像とはもうおさらばしませんかね。

で、野党への要望・希望・失望に熱くなっていると、結局ここまで日本を民主主義や法の支配においてインチキ国家にしたのって、ずっと権力側に人たちだよね、ということが薄れかけるので、常にそこには立ち戻りたいですね。

 

馬淵さんが民主党政権時に、なんとなく霞が関に気持ちよくさせられつつ気づいたら自民党と変わらなくなってたから下野した、という自己反省も興味深かったです。

 

そもそも現状の民主主義内でのアップデートや改善を議論することに意味があるのか?革命を語る必要があるのでは?とのムキもあるかと思いますが、それこそ同時並行で語ればよい。我々にはまだまだ既存の民主主義でやるべきことも残っているし、革命を語る語彙も不足している。

 

 

私自身、野党に希望を感じる配信でした。政治に興味ない、そしてまだ政治を諦めないすべての人に見ていただきたいです!
ていうか、こんな笑顔見せるんですよね、馬淵さんて。もっと爆笑トークな方なので、また来ていただきたいでっす。

ということで、またもや嵐爪痕残るの週末に、是非ご覧ください<(_ _)>
アーカイブはコチラ

https://youtu.be/KWPK_c46Cbw

倉持麟太郎

慶応義塾⼤学法学部卒業、 中央⼤学法科⼤学院修了 2012年弁護⼠登録 (第⼆東京弁護⼠会)
日本弁護士連合会憲法問題対策本部幹事。東京MX「モーニングクロ ス」レギュラーコメンテーター、。2015年衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考⼈として意⾒陳述、同年World forum for Democracy (欧州評議会主催)にてSpeakerとして参加。2017年度アメリカ国務省International Visitor Leadership Program(IVLP)招聘、朝日新聞言論サイトWEBRONZAレギュラー執筆等、幅広く活動中。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN

テーマ: オドレら正気か?in岡山

INFORMATIONお知らせ