ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.9.27 18:08小林よしのりライジング

歴史の審判は必ず下る!ライジング448配信!!

「国葬」で歴史の評価は決まらない!
小林よしのりライジングVol.448
配信です!

今週号のタイトルは
「戦前のテロに対する考察」

今日は安倍晋三の「国葬」だか「国葬儀」だかの
日だが、それはともかく今回扱いたいのは、
凶弾に斃れた安倍の最期に関連して、
またぞろ「テロは断固赦してはならない!」
という決まり文句がチラホラ聞こえること。

先週も「テロに屈するな」という
標語の無意味について考察したが、
今週はさらに、これもまたよく言われる
「戦前もテロに甘かったから
暗黒の次代を招いた」という
決まり文句について考える。

「昭和史の権威」ということになっている
保阪正康が何かにつけて繰り返し、
おそらくそれを読んだのであろう
批評家・東浩紀が学校秀才的に
丸呑みして同じことを言っていたが、
本当にそうか?
「権威」の「決まり文句」を鵜呑みにするだけじゃ、
歴史の真実には一歩も迫れないし、
現代への教訓など1ミリも引き出せない!

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録
「八木秀次の狂気ここに極まれり」

自称保守、安倍マンセー派の言論人の中でも、
統一協会系団体での講演がダントツに多く、
統一教会の広告塔との非難を浴びている
麗澤大学教授・八木秀次。

元からトンデモな発言の多い人ではあったが、
この事態に対して、どんな自己弁護を
するのか、検証してみた!

そうしたら、あっという間に論破されてしまう
幼稚な言い訳やら、どうかしているとしか
言いようのない陰謀論やら、
事実を完全に無視した妄想の世界への逃避やら、
果てしない狂気が繰り広げられていた!

こんなのいつまでも使っていて大丈夫?
一蓮托生の覚悟があるんならいいけれど!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…9月27日(火曜)は安倍晋三元首相の「国葬儀」だ。安倍氏の生前の業績を、産経新聞やWiLL、Hanadaら自称保守界隈は最大限に美化しようと必死だが、これもいずれ峻厳なる歴史の審判が下ることは間違いない。ただ、凶弾に斃れた安倍の最期に関しては、またぞろ「テロに屈するな」「テロは断固許してはならない」だのという決まり文句が出て来そうなので、その無意味さについて改めて論じておきたい。今回取り上げたいのは、「戦前のテロ」についてである。「戦前はテロの犯人に同情が集まったためにテロが頻発し、戦争への道を歩んだ。だから過ちを繰り返さないために、テロリストに同情してはならない」…というのも実によく聞く決まり文句だが、この主張は正当なものなのか、この機会に歴史を検証しておこう。

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…『正論』10月号に、八木秀次による「『反アベ』の狂気ここに極まれり」というタイトルの寄稿があった。八木と言えば、統一協会系の新聞「世界日報」のPRビデオに出演し、広告塔をつとめ、「世日クラブ」主催の講演会には過去7回も登壇しているズブズブ族の筆頭だ。安倍や自民党全体が統一協会とズブズブの関係にあることが露わになった今回の事件を、「一部の事実と事実誤認を混在させた意図的な印象操作の類いで、誇大妄想や陰謀論と言っていい」と書く八木。さて一体どんな狂気極まる論考なのか見ていこう。

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」
…残しておいたほうがいいアナログ感覚ってある?
オウムや統一協会を「宗教」として論ずる知識人をどう思う?
なぜ日本だけが未だに「新コロ警戒」に拘り続けているの?
「国葬」に相応しい人物っている?
『きつねダンス』は日本経済復活の起爆剤になるのでは!?
現在日本最後の女性天皇である後桜町天皇は決して「中継ぎ」とはいえない業績がある!
最近一番の「ご飯のお供」は何?
地球環境を維持・回復するためには「姥捨て」や「口減らし」が将来的に必要になる?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第477回
「戦前のテロに対する考察」

2. しゃべらせてクリ!・第404回
「クリ・カキ・イモ!秋の味覚トリオ結成ぶぁ~い!の巻【前編】」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第271回
「八木秀次の狂気ここに極まれり」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN

テーマ: オドレら正気か?in岡山

INFORMATIONお知らせ