ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2022.10.22 09:13日々の出来事

今週の溜飲が下がった話。

小室さん、NY司法試験合格、おめでとうございます!
今週の週刊文春&週刊新潮では、
3度目の司法試験も不合格だろうという前提で
好き勝手なことを書き連ねていて、ムカムカしていたけど、
なんか溜飲が下がったな。
本当のところを言えば、合格しようがしまいが、
眞子さんが幸せに暮らしてくれたらそれでいい。
しかし、ありとあらゆるバッシングの中で
それでも初志貫徹した小室さん、あっぱれです!!!


こちらは竹田恒泰に関する記事。
神戸正論懇話会 「日本の国体は天皇と国民の縁」 竹田恒泰氏

竹田氏は講演で、もし女系天皇が即位すれば
「国民の一部が認めない天皇」になってしまうと指摘。
天皇の地位に疑問が生じ、「日本の統治が揺らぐ」と
警鐘を鳴らした。

驚いたね。
「認めない」って、一体何サマ!?
「国民の一部」って、竹田が女性・女系天皇反対の急先鋒ではないか。
そこにエセ知識人も政治家も”何となく”乗っかっているだけではないか。
そんな無責任な主張をまき散らしている張本人が、
もっともらしく「統治が揺らぐ」などと噴飯物だ。

揺らぎませんから。
今だって国民の8割が支持している。
女性・女系天皇が即位したら、お祝いムード一色になる。
というか、どういう状態をもって「統治が揺らぐ」のか、
ちっともわからない。そもそも皇室は統治機構か?
ありもしない危機を煽って注目を集めようとするのは、
コロナ騒ぎの自称専門家と同じである。

ヤフコメにも目をとおしてみる。
小室さんの報道のときには、大衆の醜さがこれでもかと
噴出していたのだけど、意外や意外。

「安定的な皇位継承」が危ういのは
「男系男子継承」に拘った結果、
皇位継承権者数が激減したから

どうして女系天皇が即位したら、日本の統治が揺らぐのか、
さっぱり分からない。

女系天皇に反対する理由が、
女系天皇に反対する人がいるから、ではお粗末すぎる。

女系天皇を一部の人が認めないかも知れないですが、
男系天皇を継続する方が多くの人が認めない感じがしますが

まったくその通り! 瞬殺です。
中には男系原理主義者や、相変わらず皇室は税金の無駄遣いなどと
いうコメントもある(あと父親へのツッコミ)のだけど、
素朴でまともな意見が次々と投稿されているのには驚いた。
ヤフコメで溜飲が下がる日が来るとは思わなかった。
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ