ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2022.10.24 09:42日々の出来事

井上達夫氏、菅野志桜里氏、両名リベラルだが、復調されてめでたい。

倉持氏の動画で、井上達夫氏がウクライナ戦争に
ついて熱く語っていた。
ほとんどわしと同意見のようで嬉しい。
コロナ禍ではリベラルにあるまじき意見だったが、
重大な手術を受けた人ではあったから仕方がない。
ウクライナ戦争では復調したようで朗報だ。

統一教会問題で、菅野志桜里氏も絶好調のようで、
大変喜ばしい。
コロナ禍では菅野氏も、生—権力にやられて、
どこがリベラルなんだよと思ったが、統一教会で
復調して嬉しい限りだ。

コロナ禍の論評はわしの『コロナ論』がやはり最高峰で、
文庫本にもなったし、後世にもっと評価される作品に
なることは間違いない。

コロナ禍では意見が合ったが、終わったら他の課題では、
さっぱりダメな人、コロナ禍では意見が合わなかったが、
終わったら他の議題では大いに合う人、いろいろだ。
難しいもんだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第117回

第117回 令和6年 5/25 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in大阪「週刊文春を糾弾せよ!」

INFORMATIONお知らせ