ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2022.10.29 15:37ゴー宣道場

安心と安全は誰かが提供してくれるものではない!九州ゴー宣道場、応募〆切まであと3日!

ウクライナ情勢を見るにつけ、
「日常」のはかなさを思い知らされる。

のどかな昼下がり、流行りの小型犬を連れている夫婦。
週末に見た、飲み屋街のネオンの明かりと喧騒。
スーパーで、ブロッコリーの値段について話す老夫妻。
昨日通り過ぎたテニスコートで、ラケットを空振りしていた女性。

そんな時間や景色に、私は脳内シャッターを押す。
何てことない日常が、
かけがえのない日々だったと、
戻りたくても戻れない日々だったと、
感じるときがやってくるかもしれないから。

少なくとも、ウクライナでは今そうだ。
「日常」は、ある日突然終わる。
あまりにもあっさりと終わる。
横暴な他者によって、簡単に踏みにじられる。
ヘタすれば、もう二度とないだろうと思っていた
第三次世界大戦になるかもしれない。
ヒトラーのポーランド侵攻がそうであったように、
ロシアのウクライナ侵攻が
第三次世界大戦の引き金だったと
後世に語られるようになるかもしれないのだ。

日本は、国民の日常を守るための防衛力すら
おぼつかない。
軍備も、人材も、組織も、
本当ならイチから見直さなければならない。
憲法に「自衛隊」と書いておけば万事OKなんて、
お花畑としか言いようがない。
国家を守る気のない国民のために、
他国は力を貸してくれない。

私たちの日常は、国家の安定あってこそ。
安心と安全は、誰かが無償で提供してくれるわけではない。
じゃあ私たちに何ができる?
まずはグレンコ・アンドリー氏の生の声を聞こう!

九州ゴー宣道場、〆切まであと3日!

【第108回 ゴー宣道場】
■テーマ:『ウクライナ戦争論』
■ゲスト:グレンコ・アンドリー氏 (国際政治学者)
■日時:令和4年11月12日(土)14:00〜
■場所:福岡市内 ※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
応募フォームはこちら↓
「九州ゴー宣道場  応募フォーム」 


				
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN

テーマ: オドレら正気か?in岡山

INFORMATIONお知らせ