ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.11.6 11:22日々の出来事

天声人語がようやくアベノミクスの失敗に気づき、最近ガルブレイスを知ったと言っているので愕然とした

今日の朝日新聞の「天声人語」を読んで、仰天した。

天声人語は、「トリクルダウン」という経済理論が、
アベノミクスで使われて、終わったものだと思って
いたら、英国のトラス前首相の大型減税策で蘇り、
反発を受け、首相の座を降ろされたと言う。

天声人語は、この「トリクルダウン」批判を米経済
学者のガルブレイスが「貧困層に非情な理論」だと
書いていることを、最近になって知ったと言う。
まったく呆れた。

天声人語は「トリクルダウン」について、「長く
想像力をかきたててきた理論も、ついに年貢の
納め時か」と締めている。
唖然!呆然!もんどりうって倒れてしまうほどの
馬鹿意見だ。

わしはアベノミクスが始まる前から、ガルブレイス
の本は読んでおり、アベノミクスが始まった瞬間に
「トリクルダウンはあり得ない」と強く主張していた。

安部元首相がぶち上げた2013年からもう10年も
経って、ようやく天声人語が「ガルブレイスが書いて
いた」と気づいたというのだ。

わしは思うが、日本の知識人って、全く勉強して
いない!全然、本を読んでいない!
漫画家の小林よしのりより勉強していないことは、
絶対的に断言できる!

コロナだってそうだ。
日本の医者や学者や知識人は全く勉強せずに、
権威主義だけで語って、世の中を狂わせてきた。
そして誰も責任を取らないのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ