ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.11.10 13:27新刊情報

真実だから面白い、真実だから厳しい、真実だから必読、『ウクライナ戦争論』!

絶賛発売中、
『ウクライナ戦争論』
ライジング・コメント欄から
感想を2件ご紹介します!

 


 

「ウクライナ戦争論」面白いですね。
序章の描き下ろし・ラストの占守島の戦いの話、どちらも読み応えありました。胸が熱くなりました。
ウクライナという国の成り立ち、ロシアの歴史という点でも面白かったですし、
コロナ論からテーマが繋がっているところも面白かったです。
隣国には覇権国家の脅威があり、国内ではカルト宗教にシロアリのように食い荒らされている脅威があるのに、
未だコロナ風邪に怯えてお花畑にまどろむ日本に絶望感を抱いてしまいます。
でも同時に奮い立たされる描写もあるので、読んでいて心を大きく揺さぶられます。
(さらうどんさん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ウクライナ戦争論』厳しい作品です。
お花畑脳の日本人の目を覚まそうという並々ならぬ迫力で、私は押しつぶされそうになります。
日本人の覚悟を問うに相応しい…しかし、あまりにもロシアの戦争という現実の冷酷無残さになかなか読み進めることができません。 改めて漫画という表現方法を最大限に活かし、創造する先生の恐ろしさを感じています。逃げたくても逃げられない。 
なかなか、体力ならぬ心力を必要とする作品ですので、ゆっくりと読み進めていきたいと思います。
本当にゆっくりになりそうです。
(rokuさん)

 


 

「面白い」という人もいれば
「厳しい」という人もいます。
でも、そのどちらも真実!
なぜなら、真実を描いているからです!
真実だから面白い、真実だから厳しい!
そして真実だから、知っておかなければならない!
それが『ウクライナ戦争論』です!!

 


Amazon一時在庫切れ中!
お急ぎの方はお近くの書店、または
その他のネット書店でどうぞ!

 

序 章 終わりなき日常は来ない
第1章 ウクライナ戦争と生命至上主義
第2章 ロシアの悪を知らんのか? その1
第3章 ロシアの悪を知らんのか? その2
第4章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史1
第5章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史2
第6章 ウクライナ・ナショナリズムの歴史3
第7章 戦時国際法を破壊するプーチン
第8章 国際法無視は人類に対する攻撃
第9章 免疫の軍事訓練は国防と同じ
第10章 レイプ軍の伝統 その1
第11章 レイプ軍の伝統 その2
第12章 W徹の妄言
第13章 ドンバス・ロシア支配のカオス
最終章 占守島の戦い

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ