ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2022.12.15 08:58日々の出来事

菅野志桜里氏、参加決定!来年の「愛子さま応援祭り」はエンタメ性重視だ。

来年7月23日(日曜)の「愛子さま応援祭り」に、
菅野志桜里氏の参加が決まった。
彼女はスター性と知性があるから、非常にありがたい。

このイベントは福岡のぷにゅっくす隊長が異様な
闘志を燃やしていて、1000人集めると言っているが、
たけし社長(社長は辞任したらしいが、ハンドルネーム
だから社長でいいだろう)が危惧する通り、通常の
「ゴー宣道場」のギシギシの議論では1000人なんて
絶対に無理だ。
議論主体でいくなら150人規模が限界だ。

したがってエンタメ性を優先した構成を考えるしかない。
どこかで総合Pとぷにゅっくすと、誰かアイデアマンが
集まって、話し合いをする必要があるかもしれない。

ひとつには、わしが12月27日から「SPA!」で始める
『ゴー宣』の愛子天皇論シリーズはエンタメ性を徹底的
に追及するので、7月末のイベントに影響を与えるかも
しれない。

来年も毎週「SPA!」連載でこのエンタメ愛子天皇論を
描いていくわけで、15本くらい溜まったら、単行本で
出してもらうつもりだ。
5月末か、6月始めには発売して、7月末のイベントに
備える。

あとはエンタメ性の強いゲストを投入すること。
論客ではない方がいいかもしれない。
そして時間いっぱい議論に使うのは止めた方がいい。
では余った時間でステージで何を繰り広げるのか?

イベント会場での催しも重要だ。
あゆむ氏の「小林よしのりコレクション」は、わしが
まだ見てないからやって欲しいし、わしの原画を展示
するのもよかろう。

他にも「読書のすすめ」さんの本のコーナーは
もちろん、焙煎珈琲氏のカフェコーナーとか、数々の
コーナーを用意して、イベント会場を愛子さまランド
みたいな遊び心で満たしてしまうのが良かろう。

とにかく「お祭り」だ。
愛子さまをテーマにした「博多にわか」が出来る奴は
いないのか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第115回

第115回 令和6年 3/16 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO「チェブリンに保守思想を分かるまで教える」

INFORMATIONお知らせ