ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.12.25 07:24日々の出来事

エンタメ出来なきゃ集客できない。

エンタメのための「良き反応者」は、絶対に必要で、
生放送中のコメントもそうだし、生放送終了後に
感想を書いてくれる人も重要だ。
わしや泉美木蘭さんが、やる気の出る「面白かった」
のひと言が、救いなのだ。

もちろんアンチはボロクソに書くだろう。
だが、「良き反応者」の「面白かった」のひと言で、
かき消されてしまう。

もともとエンタメの才能がない奴は、アンチの悪口も
なくなって、無反応となる。
無反応なら自己承認願望しかないんだから、やめる
しかない。

だが、わしはエンタメを目指さなければならない。
来週27日発売の「SPA!」、『ゴー宣』から、「愛子天皇論」
をエンタメとして連載開始する。
来年1月は『よしりん御伽草子』を発売するが、これは
政治色ゼロ!イデオロギー、ゼロ!エンタメしかない。
ただ大人とマセたガキが楽しめる、全編オールカラーの
絵本集となっている。
絵本が何本も入っているので、絵本集だ。

「愛子天皇論」をエンタメにするのは、考えに考えて
ようやく出てきたアイデアで、誰も予想がつかない
だろうが、確実に笑える!

わしはこのエンタメ性を、7月の「愛子さま応援祭り」
に反映させねばならないと思っている。
単純な理屈だ。1000人も集めると言うなら、エンタメ
するしかない!
天皇陛下の民間による式典だって、芸能人が出演して、
エンタメ度を上げる。

来年のわしの目標は「エンタメ性」だ。
『ゴー宣』も『オドレら正気か?』もエンタメ度を
上げる。それも訓練しなければ実現できない。
最近の漫才ブームを凌駕するような笑いのテクニックを
磨かねばならない。
たけし社長が面白いと言ったら成功だ!
庶民が笑えたら成功だ!
寅さんが楽しんだら成功だ!
(つづく)

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN
14:00~17:00

テーマ: オドレら正気か?in岡山「ときめきの愛子天皇」

INFORMATIONお知らせ