ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2022.12.30 10:33日々の出来事

女は感情的動物か?

女とは感情の生き物だとは昔から言われていて、
男尊女卑の時代錯誤のオヤジたちは、女に対して
マウントをとるために、安易にそれを言いたがるし、
フェミニズムはそれに怒りを表明し、断固否定する。

たしかに男の中にも、客観性を失って、感情でしか
反応してないヒステリー馬鹿は多い。
今年もそういう男の言動は見てきた。

だがそれでも女は感情の生き物のようで、自分の謎の
言動の原因をどう突き止めようとしても、本人が
本当に分からないということがあるようだ。
分からないのか、分かりたくないのかは、もっと踏み
込まないと分からないのだが。

一瞬の理不尽な言動の「遠因」はどうやらあるようで、
まるでフロイト分析のようにして、そこを推察し、
指摘するのを控えるという誤魔化し方をする他ない。
自覚させるというセラピーのやり方が、現実社会の中
では、必ずしも正解ではない。

自分で自分の精神分析が出来ないという人間は確かに
いる。
皇統の男系固執になった女性論客もその類で、自分の
言動の精神分析が出来ない人種なのだ。
自覚したくないのは現在が心地よいからで、放っておく
ほうがその人のためということもある。

どこまで自分の優しさを発動するか、あえて厳しく
接してやるかは、わしの愛情次第だろうが、果たして
他人にまで仏になれるかどうかは分からない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN
14:00~17:00

テーマ: オドレら正気か?in岡山「ときめきの愛子天皇」

INFORMATIONお知らせ