ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2023.1.21 06:18日々の出来事

三浦瑠麗、終了。

三浦瑠麗はもうテレビには出られないだろう。
東京地検特捜部が家宅捜索したということは、相当な
確信があってのことだ。
おそらく夫は逮捕される。

犯罪者の妻は、夫とは別人格として見なければなら
ないのだが、残念ながら三浦瑠麗が夫の詐欺事件に
一切関与してないとは言い難い。

太陽光パネル擁護発言も、中国人による日本の土地購入
を容認する「国会発言」も、夫の事業の応援だと
バレバレじゃないか。

統一協会の霊感商法の被害者を、一顧だにしない神経は、
夫の詐欺に騙された被害者を、一顧だにしない神経と
同じものだ。

「反日という言葉を使ってはいけない」と言ってた
のも、自分の夫が中国人に土地を売る仕事をしてたから、
擁護したいだけ。
「反日」と言われることを恐れたのだろう。
なんと「国会」で発言していたのだから驚きだ。

こうやって権力の中枢まで入り込んで、自分の利益を
達成しようとする戦略は、統一協会と同じだ。
「太陽光パネル」と「中国人土地購入」の2大疑惑は
夫との共犯を強く窺わせる。

三浦瑠麗は女であり、美人であり、子供もいるから、
警察からは見逃されるのだろうが、テレビに出演させる
のは道徳的に問題がある。
詐欺夫は、三浦瑠麗のブランドを利用していたのかも
しれないのだから。

10億ものカネを騙し取って、六本木ヒルズの上層階に
住み、軽井沢に別荘を持って、永田町のど真ん中に
事務所を持ち、報道写真ではヨットに乗っていたが、
あんなカネをたかが言論タレントが稼げるはずは
ないし、三浦の著書は昔から売れてない。
なぜあんなセレブぶった暮らしをしているのか、
不思議だったが、これで全部分かった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和5年 2/12 SUN
14:00~17:00

テーマ: オドレら正気か?in岡山「ときめきの愛子天皇」

INFORMATIONお知らせ