ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ちぇぶ
2023.2.7 10:30皇統問題

日本国憲法第14条「門地の差別」が理解できない倉山満

倉山満の動画、

緊急特番 憲法14条を語る「旧皇族の皇籍復帰は憲法違反か?」皇室史学者倉山満 弁護士横山賢司

この動画を論破する投稿がどんどん増えているので、ご紹介します。

「愛子天皇への道」より突撃一番さんの論破投稿

つまり倉山は、宍戸・大石両教授の「憲法違反説」が、学会の通説と矛盾していると思い込んでいるんだね。だから、両氏に対して「通説がどう間違っているのか説明しろ!」などと、的外れな要求を出しているわけだ。

まず、「旧宮家系一般国民男子」は、憲法第3章を全面的な適用対象とする、「一般国民」です。従って、断じて「皇族」ではないのです。無論、憲法第1章は、完全に適用外となります。

そんな人達を、旧宮家という「家柄」を理由に、皇籍取得できるか否かを決定してしまう事自体が、「門地による差別」に該当してしまう疑いが極めて濃厚なのですよ。
宍戸氏も、有識者会議の中でそのように指摘をされています。

一方、宮沢、芦部両氏らをはじめとする憲法学者の間で「圧倒的多数説」とされている、憲法上の人権享受主体の「例外」とされるのは、倉山が参考文献として挙げている『憲法 第七版』でも筆頭に挙げられているように、「天皇・皇族」です。
生まれてから一度も、『皇統譜』に氏名が記載された事実すら一切無い、100%「一般国民」である旧宮家子孫を「憲法第3章の例外」として扱っているわけではないのです。

というわけで、宍戸・大石両教授の説は、憲法学会の圧倒的多数説と照らし合わせても、特に矛盾は無いという事が、理解出来ましたか?
倉山さん??

公論サポーターL.Kさんの論破投稿

憲法の通説では、旧宮家養子案は「門地の差別」違反ではないと言っていますが、
その通説とは、「天皇・皇族は人権の例外である」というものでした。
言うまでもなく、旧宮家系男子は国民であり、天皇・皇族ではありませんから、この通説の埒外です。
「門地の差別」違反を主張されている宍戸・大石両氏に対して、
「通説を否定するなら、学術的手続きを踏まなければ、ただの個人の見解だ!」
という感じでイキっていますが、的外れもいいところです。
何の法的根拠や解釈もなく
「旧宮家系男子は人権の例外である」(←改めて書いてみると、ものすごい主張ですね)
と主張する倉山こそ、「個人の見解」を述べているに過ぎません。

また、同じ国民男性の皇籍取得なのに、旧宮家案はダメで婚姻なら良い
という理屈が分からない、と言っていますが、婚姻は両性の合意によって
なされるものであり、そこに門地の差別等、憲法が禁じる差別とは
何の関係もありません。
憲法24条と一般常識があれば理解できるはずですが、
先例主義者にとっては、先例がないとそれすら分からないようです。

倉山に言われるまでもなく、もし愛子さまや佳子さまが、旧宮家系男子と
愛し合って結婚されるなら、その男性の皇籍取得は認められるべきです。
ただし、その男性との間に生まれるお子様の皇統は、元から皇室におられ、
今上陛下との血縁も近い愛子さま・佳子さまから連なるもの(つまり、女系)
という位置づけになります。
私たちは始めから一貫してそういう主張をしており、旧宮家系を排除することなど
目的とはしていないのですが、この辺は倉山に理解できるでしょうか。

倉山は、「女性・女系天皇の是非」から、勝手に「国民男性の皇籍取得の是非」
に論点ずらしをしたことにより、自ら混迷の度を深めているように見えます。

さらに倉山は、宍戸氏に対して、権威ある憲法学者ではあるが通説の多数派ではないとか、
有権解釈権がないとかいって、とにかく権威主義的なマウント取りに汲々としています。
こびナビ連中とまったく同じことを言っているな、と感じました。
もはや理屈では「門地の差別」問題についていけないと白状しているも同然です
(依拠している通説がまったく的外れなことからも明らかです)。

権限がなければ主張ができないというのならば、倉山は何の権限があって主張しているのでしょうか。
どういう理念の元で、政権批判を含む日々の言論活動をしているのでしょうか。
「直系も君臣の別も皇室の方々のご意向もかなぐり捨てて、とにかく男系でつなぎたい」
という不合理すぎる願望を正当化するために、自身の言論の意義をも否定するほど
支離滅裂なことを口走っているのが、今の倉山の姿です。

・・・・・・・・・・・

倉山は皇統問題どころか、憲法14条を理解していないのに、『決定版 皇室論』を引用した動画を、またアップしています。

支離滅裂で、男系に固執し皇統を断絶しようとする、

倉山満をガンガン論破しましょう!

 

ちぇぶ

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ