ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ちぇぶ
2023.3.15 06:00皇統問題

今週の『愛子天皇論』も大反響!

今週も大反響!感想を紹介します!

・・・・・・・・・・・・・

「愛子天皇への道」より

https://aiko-sama.com/archives/24322#comments

もはや易姓革命はおこるというのは完全に不可能という事がさらされました。
もとを考えれば易姓革命なんておこってれば日本なんてとっくの昔に滅んでますよね(笑)
そんな事も考えないダンケーカルトはもはや脳が「液性革命」ですね。

(伊那人志さん)

まさかの新作よしりん語「液性革命」‼︎コレが最高にツボりましたよ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
直系よしりんの頭だけに留まらず、みなぼんさんが耳を塞いでる手をひっぺ剥がそうとしてる男系派のおばちゃんの頭にまで「液性革命」になってるのが、めっちゃ面白すぎて(≧∇≦)Vv
後、男系派のおばちゃん達の手をハンマーで叩くトッキーさんのホラーさも、おばちゃん達だけでなく絶対固執亭の面々のトラウマになったりして(^。^)?
ソレと、私の父親自身も入り婿なので、入り婿の話もめっちゃ納得しましたよ(^_^)v

易姓革命の深い話も含めて、コレはもっと広めるべきッスよ╰(*´︶`*)╯♡

(ダグドラえもんさん)

馬鹿にはわからないその5、それでしたか。そういえば私の先輩でも名字が変わった男性がいました。ダンケーカルトには理解できないかぁ。
シナの革命の思想的背景もよく解りました。その思想をそのまま輸入しなかったご先祖様に大感謝です。
さあ、この後、男野系子は、固執亭の幹部はどう出るか。
残念ながら、まだ一筋縄ではいかないのだろうなぁ。
今回のツボは、やはり、大暴れのトッキーさん。実力行使が凄まじくて怖いぞ。

(ゴロンさん)

易姓革命も王朝交替も全くの無知から出てくる発想。わかりやすく説明してくれています。脳が液性革命。男尊女卑の考えが脳髄の芯まで達している男系固執派達には、ピッタリの言葉だと思いました。魔太郎のようなトッキーさんも木槌を持って大活躍でした。
薄皮一枚のプライドを剥がされるのが怖いから、めちゃくちゃな事を言って聞かないようにしているのでしょうね。ツネヤス君にクミコちゃんにヨシコちゃんにサナエちゃん、わかったかなぁ〜~ロンパ(論破)ールームだよ~~
次回も楽しみにしています。

(あしたのジョージさん)

「入り婿」すると苗字が変わるという日本では普通に見られる現象を皇室には適用できないと思ってしまうほど脳髄をシナ的儒教思想に侵されている人は、なるほど脳が「液性革命」を起こしてるわけですか~(笑)。
 こういうダンケー患者にはコロナワクチン(mRNA)もとい双系ワクチン(愛子天皇論)を打って液性(易姓)免疫を上書きするしかありませんね。そもそも、直系継承が普通だと直感できる庶民的な常識(自然免疫)があれば、ダンケーウイルスに侵されて脳が液状化する「液性革命」なんか起こしませんもんね(笑)。
 シナ大陸の易姓革命が日本で起こりえない説明の後、英国での直系(女系)継承で王朝が変わらなかった例と、仏国での傍系(男系)継承が王朝交代だった例を挙げた時点で完全論破です。そこから親切にも日本の例に移り、旧宮家は20世・600年以上も離れた傍系中の傍系ですから、もし賀陽王朝や東久邇王朝、竹田王朝が立ったなら、これは王朝交代に決まっています。液性革命です(笑)。自己都合で欧米出羽守(グローバリズム)やシナ出羽守(カルト保守や男系主義)を摘み食い(使い分け)する男系ホシュ派は、もはや重症の反日患者ですね。
 最後に、今回で最も笑ったのはトッキーの芻令呪法「聞かぬなら・聞かせてみせよう・エッサイム」ですね。

(呪術高専京都校のSさん)

ライジングコメント欄より

脳が液性革命」、最高ですね。男系固執派の馬鹿さ加減を表す言葉としてここまでしっくりくる言葉もそうそうないでしょう。今年の流行語大賞の筆頭候補では。それにしても固執亭の面々が歯ぎしりしている様がとても愉快。実際にこのような表情をしてそうですね。あっ、これはフィクションでしたね(笑)。

(masaさん)

完全無欠の直系よしりんが日本における「易姓革命」「王朝交代」がどれほどの戯言か?「馬鹿にはわからないその5」で見事に論破、喝破してくれました♪心配なのは、あっさり論破され過ぎて、こんな面白い漫画の”カセ”が無くなる事です。不謹慎だけど、ダンケー派による「もっと、とんでも理論」を期待してしまう自分がいます。オレのバカバカバカーッ!

(ゲストさん)

議論の上では完全に破綻している男系固執にすがり続ける人物はこの「皮の厚さ」が様々だと思いますが、「薄皮」で済んでいる人はその下に皇室への高い関心がある層だと思います。論破まつりを通して、文字通りこうした人々の薄皮を「破って」健全で素朴な尊皇心が広がったら、とても素晴らしいと感じています。

一方、倉山なんかは、プライドの皮ばかり肥大して全身角質層になってしまったゴーレム。もう手遅れなので、ノミとトンカチでバラバラに砕かないとですね(笑)

(スタジオねこやなぎさん)

・・・・・・・・・・・・

魔太郎トッキーは人気がありますね(笑)

 

直系よしりんは日本人の常識を語り、さらに理論補強をしてくれるので、

やはり「愛子さまが天皇になっていいんだ」と安心して思えます。

ちぇぶ

次回の開催予定

第117回

第117回 令和6年 5/25 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in大阪「週刊文春を糾弾せよ!」

INFORMATIONお知らせ