ゴー宣DOJO

BLOGブログ
笹幸恵
2023.4.8 10:15皇統問題

倉山満『皇室論』のトンデモ言説を深掘りする【13】

倉山満『皇室論』。
明らかな事実誤認、支離滅裂、意味不明が多すぎる。
もう絶望的な支離滅裂さ(もう皆わかっていることだけど)。
今回は13回目。


倉山は、悠仁さまが何かあったときのために、
「伏見宮系の男系男子に親王宣下していただくべき」
と主張している。
この方策に対して5つの批判があるという。

1)先例にない
2)旧皇族は生まれた時から民間人で既に七十年経っている
3)皇籍取得を望む旧皇族などいないのではないか
4)人権問題が発生する。門地による差別となるのではないか。
5)旧皇族は伏見宮家の子孫であり、現在の皇室からは血縁が遠い。


第4章は、これらに対する反論がメイン。
だけど、さっぱり反論になっていない。
しょうもないことばかり書いているのだけど、
一応細かく見ておこう。
まずは1)から。


1)「先例にない」への反論
女系のほうが「先例がない」のだから、ダブルスタンダード。
旧皇族の男系男子の皇籍取得は、吉例ではないが先例はある
(宇多天皇、醍醐天皇)。
「まったく先例がないことをやるのと、吉例ではなくとも
先例があることをやるの、どちらが良いのか。
先例を基準とする限り、答えは明々白々です」


いや、何を言っているのか。
これだから先例原理主義者なんて言われちゃうのよ?
過去に固執するのではなく、
現実を見ろ、倉山。
未来を見ろ、倉山。

「さらに細かい議論」として、
宇多天皇は臣籍降下後に3年で皇籍復帰、
70年も経っている現在の旧皇族とは違う、
との批判も取り上げている。

これに対する反論は・・・・・・、
「その通りですが、ならばなぜ皇室と縁もゆかりもない一般国民
(わかりやすく小室圭さんを思い浮かべてください)の方が
皇族になることができるのでしょうか」


出た!
倉山お得意の「勘違い&思い込み満載の論点ずらし」作戦!!
私は一度も聞いたことがないけれど、
「小室圭さんに皇族になっていただきたい」という声が
かつてあったらしい。

だけどこれ、当時の一般国民の心情として推測するに、
女性だって結婚しても皇族として残ってほしい
(皇族数が減少しているならなおさら)、
眞子さまも残ってくれたら嬉しい(その結果として当然
夫である圭さんは皇族になる)。
美智子さま、雅子さま、紀子さまのように、
男性だって結婚して皇族の一員となってもいいじゃない。
その意味での、「圭さんに皇族になっていただきたい」という
声ではないか?
国民の自然な期待感の表れだったのではないか?


こういうニュアンスが一切くみ取れないのが倉山だ。
あるいはわざと切り取っているのか。
そしてこれを「旧宮家系男系男子がダメで、小室圭さんなら
なんでいいのか!? 筋が通らない!!!」
と叫んでいるのである。


一般国民を自由に皇族にしていいなんて話、
誰もしてないんですけどね。(つづく)
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ