ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2023.5.2 10:43ゴー宣道場

日本が日本たり得る保守とリベラルの間(バランス)とは?5月27日ゴー宣道場参加者募集中!

保守、リベラル、憲法、平等、
これらのワードに興味を持てない皆さま!
それは、今まで退屈な議論にしか
触れていなかったからです。
ゴー宣道場は違います!!

 

こんにちは、公論サポーター関東支部のどろよいです。

来たる5月27日、
ゴー宣道場としては今年最初の東京開催となる第111回が開催されます。

ゲストは
宇野常寛氏、切通理作氏
テーマは「保守とリベラルの間」〈憲法と平等〉です。

保守とリベラルの問題も、憲法と平等の問題も、
どちらも愛子皇太子につながる重要なテーマです!
7月23日に開催されるスペシャルイベント
「愛子さまを皇太子に」
に参加しようと思ってる方なら今回も参加必須ですよ!

皇統問題では単なる先例や因習を「伝統」と勘違いして、
それを墨守する男系カルトが保守を名乗り皇統断絶を推し進めています。
一方、リベラルを突き詰めるならば、皇族の人権や自由を考え皇室廃止に行き着くのでは?
でも、それでいいのか?
日本が日本たり得る保守とリベラルの間(バランス)とは?
ここまで 高度な議論が体験できるのは、ゴー宣道場をおいて他にありません!

本編以外にも皆さまに楽しんでいただける企画を今回も用意しております。

その1 「パフェより安い」でお馴染み『よしりん御伽草子』のサイン本販売!
その2 Tシャツ購入者向けの特典。
笹師範、泉美師範による、チェキでのツーショット権付きサイン会!!

今回も定員に達し次第締め切りとなる可能性が高いので、今すぐご応募ください。
たくさんのご応募を公論サポーター一同、心よりお待ちしております。

【第111回 ゴー宣道場】
■テーマ:『保守とリベラルの間』(憲法と平等)
■日時:令和5年5⽉27⽇(土)14:00〜17:00
■場所:東京都港区
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:2,000円(小学生以下は無料)
■応募〆切:5月15日(月)
お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application

 


 

NHKの朝ドラ『らんまん』は
いま明治初期の土佐が舞台で、
先週から自由民権運動の話になっていて、
『大東亜論』の読者なら必ずわかる
明らかに植木枝盛や民権婆さんを
モデルにしたキャラが出て来て、
楽しみに見ています。

「愛子さまを皇太子に」を悲願に活動する
ゴー宣道場・公論イベントも、
この目標が達成されれば、
明治の自由民権運動のように後世に
語り伝えられるものになるかもしれません!
ぜひご参加ください!!

 

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
13:50~18:00

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ