ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ちぇぶ
2023.7.28 07:52

「旧皇族はもう一つの皇室」倉山満ダンケー珍説大賞ノミネート発言を論破!

今週SPA!で倉山満は、

「旧皇族の方々は、600年以上前に今の皇室と分かれた『もう一つの皇室』である」

と述べていました。

倉山のコラムに書かれてあること、全部ひどい。

公論戦士L.Kさんが倉山を徹底的に論破しています。ご紹介します。

…………

東海支部のL.Kです。

週刊SPA!今週号で、倉山満がまた皇位継承問題を書いていますが、
ある意味で集大成ともいえる、これまでの珍説を濃縮して詰め込んだような酷さです。

 

神代から人代への系譜を
「イザナギの息子の息子・・・」
と、皇室の(歴史的にも明らかな)アマテラス信仰を貶めているし、

「どんな制度であろうと、常に皇位の継承は不安定」
といって上皇陛下の願いを真っ向から踏みにじっているし、

女性・女系を公認したときの安定性は、
1代目で2倍、2代目で4倍と、

代を重ねる毎に倍増するという小学生でも分かる計算も無視して

「女系に拡大しても、あまり変わらない。」
と誤魔化すし、

 

●「旧皇族」の定義を勝手に改竄し、
●国民と皇族の区別もつけられないまま、
●意思ある者の存在を確認もしないで、
●安定継承に何も寄与しないその場しのぎの策にも関わらず、
旧宮家系国民男子の皇籍取得にいまだにすがっているし、

挙げ句は
「話ができる方々の意見は拝聴する。」
と、詭弁家特有の聞く耳持ってるアピール、
でも実際は相手の主張を都合よく曲解するだけの、
倉山流ストロングスタイルをかます始末です。

 

自分を理解してくれそうな人間にすり寄ってないで、皇室の方々のお気持ちを拝察しろよお前は!
自分の男系信仰を押し通すために、これほどまでの無知性、不誠実、かつ逆賊的な振る舞いを晒して、恥ずかしいとは思わないのか?

 

ここまで皇室の意に背く珍説を並べ立てておいて、大見出しに
「大御心は悠仁殿下にある」
などと書き連ねるのだから、その厚顔無恥ぶりに呆れます。

 

で、その根拠はというと、悠仁さまの着袴の儀が11月3日に行われ、その装束に山科流の綴じ糸が使われていたからだといいます。

まるでネットから慌てて拾ってきたかのような薄弱な内容。
「平成時代、山科流の綴じ糸が許されたのは~」と、「平成」の「綴じ糸」に限定して言及しているのは、自分自身で実情を把握しきれていないことの表れでしょう。
その程度の確証しかない知識を商業誌に載せるとは、驚くべきプロ意識の欠如です。

 

そもそも、山科流・高倉流の起源は1100年代の源有仁だといわれていますし、
現在のような両流の住み分けは、おおよそ江戸時代にその原型が出来上がったものに過ぎません。
古代以来の双系継承に立ち返ろうとしているのに比べれば、スケールが小さすぎます。

その程度の浅い歴史で、
「山科流の装束を贈られたから、上皇陛下は『悠仁天皇』を望まれている!」
と思い込めるのだから、いつもながら時代感覚がバグっています。
ちなみに、上皇上皇后両陛下から装束を贈られたのは、愛子さまも同じです。

11月3日の日取りに至っては、親である秋篠宮ご夫妻を差し置いて上皇陛下が決めるなんてことがあるのか?
倉山って、ちょいちょい秋篠宮さまの存在を無視するよね~?失礼だよね~?

着袴の儀の日取りは11月上旬の吉日から選ぶのが習わしで、悠仁さまのときも、愛子さまのときも大安の日でした。
明治天皇の誕生日が皇室の方々にとって特別であることは間違いないでしょうが、
悠仁さまの着袴の儀がその日になったのは、たまたま吉日と重なったから選ぶことができたのです。
こうした周辺情報を無視して、自分ら「戦前」レジームの男系カルト脳に都合よく、
過度に特別な思いが込められたかのような印象操作をするなと言いたい。

 

現実問題として、上皇陛下にとって悠仁さまは、その時点において皇位継承資格を有する最初にしてただお一方のお孫樣です。
典範改正がどう転ぶか分からない(現に今の今まで停滞しきっている)情勢でも
なんとか皇位を継承していきたいと願われる中で、悠仁さまを大切に思われるのは当然です。

常識的に上皇陛下のお立場に立って考えれば、
これは制度改正とか、悠仁さまか愛子さまかなどという選択とは
まったく別次元の話であることは容易に想像できます。

私としても、制度が改正され、「愛子皇太子」が実現しても、数少ない次代の担い手である
悠仁さまのご存在が大切であることに変わりはありません。
だから、上皇陛下のそのようなお気持ちはよく理解できますし、とても嬉しく思います。

ですが、倉山からすれば、この程度の期待を示されただけで、
「上皇陛下は愛子さまより悠仁さまを選ばれた!」
「孫世代の皇位は悠仁さまで決まり!」
と思ってしまうようです。
ちょっと優しくされただけで「コイツ、俺に気があるんじゃね?」とか思っちゃう勘違い男と同じです。飢えすぎです。

 

「上皇陛下が在位中から、いかに悠仁殿下にご期待されているか、この一事でわかろう。」
などと書いていますが、逆だろう。
この一事しか見ていない(見ようとしない)から、お前はそんな勘違いをしているんだよ。

お前が「立皇嗣の礼の宣明が大御心だ」と放言したことはしっかり覚えている。
虚心坦懐に拝察する気も、承詔必謹する意志もないくせに、大御心を騙るな。

 

ちぇぶ

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ