ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2023.8.1 19:00小林よしのりライジング

誰にも語れないジャニーズ問題の深層!ライジング476配信!!

8月突入! 猛暑にも台風にも負けない
小林よしのりライジングVol.476
配信です!

今週号のタイトルは
「ジャニーズ問題と日本の性文化」

 

 

 ジャニーズ問題は国連人権委まで介入する事態となっているが、国内の話題としては何となくナアナアで下火に向かいつつある一方で、なおも躍起になって追及し続けようという人もいる。
 そして、この追及の動きに対して、ブログで異議を唱えているよしりんに対しても、強烈な非難や罵倒が寄せられる事態となっている。
 そもそもジャニー喜多川が死んで3年以上も経ち、BBCの報道という「外圧」をきっかけに騒ぎ出したことにも違和感がある。
 なぜ噂や一部報道で薄々は知っていながらみんな黙認していたことを、今になって糾弾しようという動きになっているのか?
 そこには、日本に歴史的に存在した価値観と、欧米のキリスト教文化に基づく価値観の衝突があり、その構図は慰安婦問題と全く同じなのである!

今回から、歴史に基づくジャニーズ問題の深層を語り起こそう!

 

泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
「男野系子戦記―もくれんview」

7月23日に開催された公論イベント・愛子さま祭り「愛子さまを皇太子に」
その第2部に“男野系子”が登場するまでの裏話を、もくれんさん目線で明かす!

世界のゴー宣ファンサイト管理人・カレーせんべい氏は、いかにして「男野系子」となることになったのか?
その発端から、知られざる役作りの失点抜刀の奮闘記を大公開!
そこには驚くほどの努力があり、だからこそあの成功があったのだ!
その軌跡を知った上でもう一度動画を見直してみたら、きっと面白さも倍増です!!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…『ゴー宣』読者は、固定していない。流動的だ。コアな読者はずっとついてきてくれるが、『コロナ論』から入って来た人もいて、わしの慰安婦問題での戦いも『脱正義論』も読んでいない人が増えた。
『ゴー宣』読者の中にも、「ジャニーズ問題と慰安婦問題はよく似ている」の一言ですっかりわかったという人もいれば、猛反発して離れていった人もいる。その分かれ目は、キリスト教系の人権真理教に、どのくらい冒されているかによる。戦後民主主義の歴史教育しか知らない者と、学校では教わらない歴史を知っている者との間には、教養の落差がある。今回は「日本の性文化」を通して「ジャニーズ問題と慰安婦問題はよく似ている」と言ったことの意味を説明しよう。

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…。本番の様子は、みなさんがご覧になった通りである。まったく見事な「男野系子」の登場に、私は、感動すら味わった。
当日は、男野系子登場直後の「みなさん今日はよろしくね~!」までの挨拶以外は、すべて、稽古内容とはまったく違う完全アドリブ合戦だった。あいつ、よくやったよ!今回は“カレー男野系子”の誕生から当日までの波乱万丈な舞台裏を紹介する。

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」
…先週のQ&Aコーナーが少なかったのは何故?
ジャニーのやったことはただのレイプで、伊藤詩織をレイプした奴の数十倍悪質!擁護するのは権威主 義だ!トランスエイジという言葉をどう思う?
ジャニーズ問題はメディアが勝手に忖度してただけでは?
執筆活動の中で媒体ごとに表現内容を意識したりすることはある?
先生にとって理想的な最期とは?
中古車販売会社ビッグモーターの件をどう見てる?
漫画家もある程度キャリアを積んだら受ける仕事は選ぶようになるもの?
広末涼子の不倫スキャンダルをどう思う?
埼玉県で毎年開催されていたグラビアアイドルのプール撮影会が、共産党やサヨクの抗議によって中止 になった件をどう見る?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

 

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第505回
「ジャニーズ問題と日本の性文化」

2. しゃべらせてクリ!・第432回
「貧ぼっちゃまの告白にみんなで落涙!の巻【前編】」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第299回
「男野系子戦記―もくれんview」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第115回

第115回 令和6年 3/16 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO「チェブリンに保守思想を分かるまで教える」

INFORMATIONお知らせ