ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.5 19:11日々の出来事

公論イベントは新しい地平を目指す

今日、総合Pちぇぶ・大須賀・ケロ坊・わしとで、ランチミーティングを行なった。
40代が主力のメンバーで、小嶋陽菜や三上悠亜のビジネス戦略から議論が始まり、既成観念に囚われない刷新的なアイデアがどんどん提出され、わしも思い切った決断をしていける。

今後は「ゴー宣道場」を含む公論イベントでは、大須賀淳氏が大きな力を発揮してくれることになる。
8月19日の、よしりん・チェブリンの「悪のタッグ」から、大須賀氏がもっと関わってきて、9月9日 (土曜)の「オドレら正気か?イン名古屋」からは、公論のスタイルを一変させてしまう冒険に挑む。

基本的に全員参加型のトーク・イベントで、席の並びも変えてしまう。
審査委員長の大須賀淳氏が、イベント前のイベントから引き続いて、我々を呼び込み、観客と一体になったトーク・ショーを繰り広げる。
音響や映像を伴うイベントのアイデアは大須賀氏から次々に出てくるから、果たしてどれだけ実現来ていくだろうか?

9月になれば、我々は全く違う気分の中にいて、この新たなイベント感覚を経験したくなるだろう。
ガンガン応募してくれ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ