ゴー宣DOJO

BLOGブログ
大須賀淳
2023.8.13 16:40その他ニュース

ウォーク・ドント・ラン

皆さーん、お盆休み楽しんでますかー?

 

私?ははは、零細フリーランスに夏休みなどありますかいな。むしろ、各所からの連絡が減るこのタイミングに、遅れていた件を色々と進める絶好のチャンスですわー、はははー(泣いてないってば)

 

まあ、そう言いつつも季節感を失ってはいけないと、わざとらしい位に夏っぽい曲などをガンガンかけてるんですが(だから、泣いてないってば…)

 

あれですね、ベンチャーズの「ウォーク・ドント・ラン」、直訳すれば「走るな、歩け」ですが、そこに「急がば廻れ」という秀逸な邦題を付けた人は、なかなか頭のまわる人だったのではないか、と感じます。

 

今の自分の中で「急いでる」事と言えば、当然のように何を置いても出てくるのが皇位継承問題の解決。件の文藝春秋の記事を読んだ後などは特に、ふとした瞬間にも「今後、何をどうやって行くのが最も良いのだろう」と、焦燥まじりの思案に入ってしまいます。

 

「走る」覚悟はしたつもり。だけど、走れる身体は一つ。どこに走れば良いのだろう?

 

正直な話、ジャニーズ問題が沸騰し始めた当初は「今はそれよりも、皇位継承問題に全リソースを!」という気持ちがありました。

 

しかし、あらゆる事を考え、人とも話し合い、記事・投稿などを読むにつれ、これは「急ぐからこそ、ここを廻れ」という、一種の天啓のような気がして来ました。

 

いや、ここは「急がば廻れ」よりも、「Walk don’t run.」の方がニュアンスが正確な気がします。道は実は一本で、ここを無為に駆け抜けるのではなく、しっかり地面を踏みしめて歩きながら取り組め、と。

 

8/19「よしりん・チェブリン、悪のタッグ」僕は番組には出ませんが、裏方として担当しますので、しっかり地に足をつけて歩いた意義を出せるように(だけど「エンタメ」で!)当たって行こうと思います。

 

皆さん、できる限りリアルタイム視聴で、コメントにも参加してください!

大須賀淳

次回の開催予定

第117回

第117回 令和6年 5/25 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in大阪「週刊文春を糾弾せよ!」

INFORMATIONお知らせ