ゴー宣DOJO

BLOGブログ
みなぼん
2023.8.17 09:57日々の出来事

「グルーミング」という独善的な解釈しかできないBBC記者

今週の「小林よしのりライジング Vol.477」
『男色文化は明治をどのように生き延びたか?』のコメント欄に
寄せられた【さかもっち】さんの感想をご紹介します


BBCドキュメント「J-POPの捕食者」を観て、
ようやく小林先生がおっしゃる
「日本は性に寛容であり、キリスト教文化圏は性に厳格である」
意味を理解できるようになりました。
はじめはジャニーズ問題と男色の文化を絡めて論じることの
意味がよくわからなかった。

このドキュメンタリーでは、外人の記者が元ジャニーズの証言を
聞き、ジャニー喜多川氏の過去の性犯罪を裁くという筋書きだ。
ところがこの記者は元ジャニーズにインタビューをしても、
本人に性被害にあったという認識がなく、むしろジャニー氏への
感謝を述べる者がいて、困惑する。

つまり性被害にあって、性的虐待を受けているのに、なぜユーは
被害者という意識を持たないのか?という困惑なのだ。

この記者は日本の性の寛容さや文化が理解できない。
だから、グルーミングで騙されているに違いないという独善的な
解釈をしてくる。
この記者にとって元ジャニーズは「性奴隷」という認識なのだ。

これがまさに小林先生がおっしゃるキリスト教的価値観と
日本の価値観との違いなのだと、すごくよく分かりました。

日本人の多くがキリスト教文化に洗脳され、歴史を見失っている
という指摘は鋭く心に突き刺さりました。
今週の生放送が楽しみです。
(さかもっちさん)

 

 

みなぼん

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ