ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.18 09:40日々の出来事

茶魔よ、存分に暴れてこい!

昨日はインド版アニメ『おぼっちゃまくん』プロット・
脚本のチェックをやった。
単行本未収録の漫画『おぼっちゃまくん』が脚本化されて
いたが、あまりの面白さに仰天して、今の自分の才能に
自信を失いそうだった。

今度は『おぼっちゃまくん』の公式YouTubeチャンネルが
できるらしい。
過去、日本で放送された茶魔のアニメを、英語の字幕付きで
世界に配信するという。
着々と世界戦略が進んでいる。
日本でしかウケないと思っていたおぼっちゃまくんが、
インドで視聴率No.1になり、現在、日本とインドの
共同制作で、新作の準備が進んでいる。

毎週、プロットや脚本が送られて来るので、わしも週に1日は
時間を取らねばならない。

おぼっちゃまくんは資本主義そのものの皮肉と寓話であるから、
どこでウケるか、もう分からなくなってきた。

しかも観光の日本人気が凄くて、日本の文化への憧憬が
マニアックになってきている。
『おぼっちゃまくん』の和風度が濃いからこそ、世界でウケる
可能性も高い。
可愛い子には旅をさせろだ。
茶魔よ、存分に暴れてこい!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ