ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.20 15:13日々の出来事

やっぱり小林よしのりが正しかった!

昨日はチェブリンモン子と「悪のタッグ」を組んで、
ジャニーズ問題について話した。

この問題はX(Twitter)で一言二言の文字数で分析
できるような問題ではない。
明治以降に「近代」という感覚・イデオロギーが流入
してから、日本人の「性」意識が革命を起こしたように、
変化してしまったからだ。

わしの読者は、ライジングの「男色の日本史」を読んで、
そのあとBBCの報道を見た結果、わしが言う
「人権真理教ザビエル派」という批評がついに腑に落ち
たようだ。

だが、ジャニーズ問題の分析は、まだまだほんの入り口だ。
「男色文化の少年愛の感覚」や「芸能とは何か?」や
「リベラルと保守の違い」などを徹底分析しなければ
ならない。

1000年以上も男色文化だった日本人の感覚が、男色を罪悪と
するキリスト教文化と、いかに齟齬があるか?
その美童を相手にするリアルな感情はいかなるものだった
のか?

それを9月9日(土曜)名古屋の「オドレら正気か?LIVE」
で語らなければならない。
一部がYouTubeでも生放送で、二部はニコニコだけだ。
応募の締め切りは8月27日(日曜)正午だ。
ぜひ参加の応募をしてくれ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ