ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.24 09:12日々の出来事

夫婦の絆、プリゴジン殺害、ウクライナ戦争、北朝鮮、そして国連人権委

◯夫婦の絆のわしのペン入れが遅れている。
細かい線が出ない。
あっという間に筆が乾く。2秒で乾いてしまう。
なんとか今日、半分は仕事場に渡したいが。

◯プリゴジンが殺された。
案の定というか、予想通りというか、プーチンの露骨さは
悪魔も真っ青だ。
こんなプーチンを擁護して、陰謀論に騙されて、アメリカが
悪いと言ったバカが、自称保守の側にいるのである。
どうせ反省もしない、居直るだけ。

◯ウクライナ戦争が終わらない。
武器だけの供与は残酷な態度だ。
世界大戦にビビって、ウクライナ国民を犠牲にし過ぎる。
次の段階に進むべきではないか?

◯北朝鮮が何度も何度もミサイル発射している。
対処法は注意するだけ。
これでいいのだろうか?
ロシアと中国のせいで、国連は機能しない。

◯その国連人権委は日本の芸能界なんかに口出ししているのだから、
馬鹿の極地である。
ジャニーズ問題は、イギリス人が日本は野蛮だと、バッシング
したいだけだ。
外国人が、日本文化も知らないで、人種差別を楽しんでるだけ。
それを見ぬけずに、反日自虐史観の国賊が日本の大衆文化の崩壊に
手を貸してるのだから、呆れかえる。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ