ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.25 09:59芸能など

「案件」という言葉を知っているか?

「案件」という言葉を知っているか?
渋谷や歌舞伎町に家出してたむろする少女たちの中では
「案件」があると言えば、売春の誘いがあるという意味なのだ。
援助交際とか、パパ活とか、売春という言葉は様々に
言い換えられて来たが、10代の少女がオヤジに連れられて、
ラブホに行って稼ぐ行為を最近では「案件」という
ビジネス用語で誤魔化しているらしい。

いつの時代も、常にこういう少女はいるし、当然ながら、
少年だって家出して渋谷や歌舞伎町にたむろしている。
彼らは万引きなどの犯罪で、いずれ鑑別所や少年院に
入ることになる。
ほとんどの少年や少女は、親に虐待されたり、捨てられたりして、
都会に集まってくるのだ。

こういう子供たちに比べたら、ジャニー喜多川の変質的行為なんて
全く大したことではない。
夢や野望がある子供が、自らの意思で、ちゃんと食えて、
夢を追える環境に身を預けているだけではないか!
それがBBCの報道に歴然と証明されている。

子供の虐待を防ぎたいなら、渋谷や歌舞伎町に行って、
家出した子供を救いなさい。
本当に悲惨な子供はいくらだっているんだ。
偽善者どもにこそ、神罰が当たるがいい!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ