ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.8.31 07:08日々の出来事

保守とリベラルの差

昨夜は倉持氏の番組で、井上達夫氏と議論したが、
「知的誠実」と「真実への希求」がお互いのリスペクト
の理由だと言っていたのが共感した。

昨夜わしは元服は11才からと言ったが、帰宅して
調べ直したら、12才から17才までの間だった。
12才は今なら中1である。中1で前髪を剃れば、
大人であり、前髪のあるうちに、早ければ10才だって、

陰間(かげま=男娼)になれたのだ。

庶民も女も陰間を買っていたし、明治以前なら10代は
子供扱いしていない。
現在、ジャニーズJr.を子供扱いしてるのは、日本人が
幼稚になったからであり、モラトリアムの期間を延長
し過ぎているからだ。

昭和までは10代の女性が色気満々の歌を歌っていたのに、
平成・令和となると、どんどん幼稚化して、今じゃ
10代は幼児で、20代が子供という有り様になっている。
今や世界で最も幼稚な大人は日本人だろう。

横軸の社会しか見ないのでなく、縦軸の歴史を見なければ、
真実は見えて来ない。
キリスト教では男色は死罪になるほどのタブーだが、
日本教では男色は普通であって、1000年もの間、続いて
来たのだから、悪しき因習とも言えず、だからこそLGBT
も伝統だから承認しなさいと、わしは言っている。

だが、自称保守はキリスト教(統一協会)に洗脳されて
いるから、LGBTに嫌悪感を持っている。
過去と現在は断裂していない。今も継続しているし、
それが見えるのが保守である。リベラルには見えない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ