ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.9.15 11:09日々の出来事

大企業は穢れた共同体への差別を堂々と行なう卑怯者である。

経済同友会の新浪剛史代表幹事は、
「ジャニーズ事務所と取引をすることは、未成年者への
虐待や人権侵害を認める事になる」
と言っている。短絡的で危険な人物だ。

まさに「えんがちょ」思想!

部落差別にも繋がる「穢れた共同体とは縁を切れ」という
人権無視の差別イデオロギーを堂々とテレビで公言して
いるのだから呆れる。

「犯罪者を出した家族とは縁を切れ」という差別イデオロギーも
同タイプだ。

ジャニー喜多川は死亡している。
彼の性加害は過去の出来事だ。

今のジャニーズタレントは、万が一、被害者であっても、
犯罪者では断じてない!

なのに、今のジャニーズタレントをCMに起用したら、
「人権侵害を認めることになる」と言いながら、
ジャニーズタレントの人権を侵害している!

大企業のジャニーズCM離れというのも、国外では人権真理教の
顔色を見た忖度だろうが、国内ではジャニーズタレントへの
偏見を植え付け、仕事まで奪う人権無視の差別行為になるのだ!

愛国者なら、国内の若者を優先するべきであって、海外の
抽象的なイデオロギーを優先するべきではない。

結局、偽善者は「えんがちょ」イデオロギーに嵌るのであって、
時代も法も超越して、穢れ思想の普及に務めるのである。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ