ゴー宣DOJO

BLOGブログ
泉美木蘭
2023.10.7 21:19

よしりん独演会めちゃ楽しかった

今日のよしりん独演会、仕事しながら生放送で見たけど、
めちゃくちゃ面白かった。
生放送の開始3分前に、メールで先生から
スウェーデンに関するコロナの記事が送られてきて、
それを開いて読もうとしたら、生放送がはじまった。
どんだけ分刻みで情報収集を……。

「日本は人権の面で遅れている」
「もっとグローバルスタンダードで考えなければ」など
人権、人権、一辺倒の状態の世の中で、
「人権」と「文化」という切り口で、
ジャニーズ問題を語る人はどこにもいないし、
感覚としてすごくしっくり来る話が多かった。

外国様に指摘されて、勝手に劣等生としてふるまって、
「被害者」の言い分は、たとえ言ってることが変だったり
あからさまなウソであっても、
「被害者だから」疑ってはいけなくて、
弁護士がついているのに、法を超えてどこまでも補償を
つづけて廃業いたしますう~って、全部おかしくて、
ほとんどギャグの世界になっているのを
笑いながら眺めるような気分にもなった。

終盤では、インドでのおぼっちゃまくんの話から、
「私だってまだまだ何でもやっていけるぞー!」と
勇気をもらったような気がして、やる気がわいてきた。
最近の先生は、年齢的にも不調がいろいろとある様子で、
気合でご自分を鼓舞されてるんだろうなあと思いながら
話を聞いていたことが多かったけど、
今日の独演会は、一視聴者である自分がものすごく鼓舞
された感じがした。
今までで一番、翁っぽくて楽しかった。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ