ゴー宣ネットDOJO

BLOGブログ
笹幸恵
2023.10.28 17:41配信動画

「むちゃくちゃすごい隊ではないですか!」〜『軍トリ』#78感想ご紹介

だいぶ前にメーリスに投稿してくださっていた
ふぇいさんの「軍トリ」の感想をご紹介します!

==============
義烈空挺隊
恥ずかしながら今回初めて聞いた部隊です。
笹先生のお話を聞くと、
敵陣のど真ん中に降りて、司令部など破壊して後にゲリラ活動。
むちゃくちゃすごい隊ではないですか!

実際に北飛行場に上陸したのは一機
その着陸部隊が2日間飛行場を使用不能
人間爆弾そのものの装備を持って、派手に暴れてくださったと想像します。
切り札はいつ使うか。とても難しいところだと考えられます。
歴史にタラレバはございませんが、撃墜されず北飛行場に上陸していたら、
もっと派手に暴れていただけたのではと思い、
沖縄に向かいながら撃墜されてしまった部隊の皆さまの無念と、
私たちのために戦ってくださった感謝を忘れず、
これからも先人が残してくださった日本を
これ以上劣化させないように
個人で何ができるか考え行動してまいります。
薄い感想ですみません。
ありがとうございました。

================

いつもご感想をお寄せくださり、ありがとうございます!
義烈空挺隊、おっしゃるようにかなりの精鋭たちが集い、
意気軒昂だったようです。
彼らの熱い思いに触れる機会が、今の日本に
ほとんどないことに愕然とします。
こうして知っていただけるだけで有り難いです!


義烈空挺隊、なにそれ?
という方こそ、ぜひご覧ください!!
『笹幸恵の軍事トリビア』#78
飛行場を急襲!「義烈空挺隊」 読谷村の碑を訪れました。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ