ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.11.13 09:33日々の出来事

クーテンのチェブリン

わしがチェブリンに厳し過ぎるという評価がある。
仕方がない。
わしに報告してくる時は、もっと具体的なのに、その具体的な話を
冷静に語らないまま、アジテーションするから、説得力を失うのだ。
わしが補足していないと、子供に喋らせてるようになる。

情熱が空転しているのだ。
フーテンの寅ならぬ、クーテンのチェブリンだ。

そして妙なことに、空転してるのが可愛いと、人々に思わせて
いるのが新しい芸風だとも言える。
チェブリンは巨大なサービス精神が、人々の前で堂々と空転しているのに、
天然の明るさで押し切ってしまうという、異形のキャラである。
ある意味、わしが描いてきた漫画のキャラにも似ている。
東大通のようでもある。

仕方がないから、今後も時々、舞台に出して、議論の訓練をさせようと思う。
空転のチェブリンだから、次にどんな空転をするかを期待して
待っていてくれ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ