ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2023.11.13 14:22ゴー宣道場

庶民が声を上げることの大切さ! 東北ゴー宣道場感想ご紹介!

大盛況、大反響!
昨日の東北ゴー宣道場
『マスコミはなぜ常に狂うのか?』の感想を
「世界のゴー宣ファンサイト」からご紹介します!

 


 

第一部での感想です。
マスコミ、特にテレビに権力の監視機能を担ってもらうのは困難と思いました。
コロナ論シリーズでも書かれたように、テレビはまさに「ショー」であり視聴率を稼ぐために煽るのを仕事にしていると思います。
他方、コロナワクチン・マスクへの意見広告運動で、マスコミに感想を送った時の様に、常にマスコミを監視・検証して、感想を伝えることで、報道内容も変わる可能性があるのでは、と思いました。

現在、皇位継承問題が新聞・雑誌でも取り扱われているので、感想を送ってまいります。
(さとがえるさん)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マスコミがジャニーズ問題を明白な証拠も無しに糾弾する姿は醜悪だなと改めて思いました。人権を盾にして物事を深く考えることなく報道し大衆をマインドコントロールしていく様子は日本人の劣化をも現しています。
もはや政治もメディアも大衆も劣化しきっているので強い庶民が立ち上がり建て直さないと文化も法治主義も無くなってしまい国として崩壊してしまうと感じます。研ぎ澄まされた庶民感覚で声を挙げることの大切さが改めて分かりました。
(ひとかけらさん)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

初の東北ゴー宣お疲れ様でした。
弁護士ゴーさんが初登壇で話されていましたが、緊張されている様子も無くハキハキとスムーズに話されていたのが印象的でした。
個人的に感じたのはマスコミがもし変われるとしたら、我々視聴者読者のモラルが向上し、常にマスコミを監視続けていく必要があるのではないでしょうか。
その為には小林先生の日本人論が多くの人に読まれる必須があると思います。
(やんさん)

 


 

まだまだ紹介していきます!

よしりん先生がかつては「良き観客であれ」と言っていたのを、「誰もが表現者になれ!」と変えたのも、まさにこういうことだったのだと思います。
もうマスコミになど絶対に任せてはおけない、一人一人が表現者となって、マスコミを超えていく以外にないというところに来ているのです!

 

トッキー

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ