ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.11.17 07:29日々の出来事

「熊権」を主張する人々は日本人らしい

最近、「熊権」を主張する人々が現れたことは実に
日本人らしい。

わしなどは山の中の空き地に、柿をいっぱい積み上げて、
熊を全部おびき寄せて、軍事ヘリで上から一斉射撃して
皆殺しにすればいいのにと思うが、そんなことを言ったら、
SNSで「熊権」の人の罵詈雑言を浴びることになるだろう。

欧米人なら「熊権」なんて絶対認めない。
生まれながらの権利は、人にしか与えられていないと
いうのが「人権」なのだから。

日本人は欧米人とは違う。人間にも熊にも生きる権利が
あると考えるのだ。
「熊権」を主張する人たちは、「人権真理教」ではない
から、憎めない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ