ゴー宣DOJO

BLOGブログ
泉美木蘭
2023.11.18 11:58

「世襲」は男系男子に限ったものではありません。

内閣法制局は、馬淵澄夫議員への答弁のなかで、
憲法2条「皇位の世襲」を持ち出し、
旧宮家養子縁組制度の創設は憲法の要請に従うもので、
許容されるという見解を表明。(11.17産経新聞
 
だが、憲法2条の要請は「世襲」であって、
「男系男子による世襲」ではない。
世襲という概念のなかには、当然、女性女系も含まれている。

それならば、女性女系を認めればよいだけでは?

現行の皇室典範をどうしても変えたくない、
男系男子であるべきだというところに意固地になって、
「世襲」の概念をわざわざ狭めて解釈して、
皇室典範よりも上位にあるはずの
日本国憲法第14条「国民平等」の原則に例外枠を設ける
という考え方は、おかしい。

産経新聞は、皇位継承に関する自民党の懇談会について
とりあげた記事のなかで、
欧州の王室の例が各国に浸透するとともに、
野党から女系を容認する声が増加していることに触れて、
「先人から紡いできた価値観に対し、『女性蔑視』という
レッテルを貼られる懸念も指摘されている」
と書いていた。
自覚があったとは。

記事のなかで、八木秀次のコメントとして、
旧宮家の男系の子孫である一般国民の方々について、
「時代が時代であれば皇位継承権を有していた」
とあって、思わず笑ってしまった。
「時代が時代なら」皇位継承は男系男子に限定されておらず、
「時代が時代なら」女性が皇位継承していたわけですけど。

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ