ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.11.23 11:05日々の出来事

インド版アニメ『おぼっちゃまくん』の脚本の秘訣

最近、送られて来る『おぼっちゃまくん』の脚本が、
不調だ。
プロットの段階では、全体が短いから、ぽんぽんギャグが
出そうな気がするし、わしの創造力で埋め合わせて読んで
いる部分がある。
それが脚本になると、全体が長くなるし、詳細になって
くるから、ギャグが出てないし、冗漫になってしまう。
プロットに比べて見劣りがしてくるのだ。

そもそも『おぼっちゃまくん』は非常に難しい作品で、
アイデアが緊張感がぬけると、安易に「露骨な拝金主義と、
つまらない下ネタ」に堕ちてしまう。
PTAがいかにも先入観で見てしまう「露骨な拝金主義と、
つまらない下ネタ」にわざわざ自ら飛び込んでしまうと、
この作品はおしまいだ。
日本だろうとインドだろうと、視聴者はそれを見ぬいて、
一気に人気が落ちるだろう。

「露骨な拝金主義と、つまらない下ネタ」という言葉は
自らを律するために覚えておいた方がいい。
拝金主義も下ネタも効果的に使うならいいのだ。
脚本の全体から緊張感が失われれば、「またカネや宝石で
解決か」となってしまうし、「また下ネタか」と侮られて
しまう。

基本的に、「カネ」と「下ネタ」と「茶魔語」以外の
ギャグネタを出さなければダメだ!
この3つに頼った脚本はダメだ。

わしは今日、仕事場に行って、秘書みなぼんとトッキー
相手に『おぼっちゃまくん』のプロットを作る。
貧ぼっちゃまのキャラを、誤解されないように固める
話を作っておかねばならないのだ。

インド版アニメ『おぼっちゃまくん』は絶対に成功
させる。
そのために時間がとられても仕方がない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
13:50~18:00

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ