ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2023.11.30 09:44日々の出来事

わしの才能を振り返る。

70歳になって分かったことは、天才作家は20代でデビューして、
そのデビュー作が作家人生を如実に象徴している。

『東大一直線』が偽善を排し、オチが「ごーまん」になって
しまうブラックなギャグは、わしの素質そのものである。

凡才ならば、ヒット作1本で終わってしまうが、天才ならば、
30代で第2の大ヒットが出る。
これは作家の素質が開花してしまう作品だ。

『おぼっちゃまくん』を今読むと、あまりの天才性に驚いて、
「これは誰だ?」と思って、嫉妬してしまう。
今現在、インド版アニメで新作を作る作業は、30代のわしに
対する挑戦となる。
今の脚本家と、インドのスタッフと共に、30代のわし自身を
超えられるか?

40代で『ゴーマニズム宣言』がヒットするが、これも
『東大一直線』のオチの部分が完成した作品で、デビュー作
の延長線上にある。
そして『戦争論』で戦後民主主義への挑戦となったわけで、
これも今読めば、完成度の高さに感動するしかない。

50代、60代は、『ゴーマニズム宣言』の「毒」で、
戦後民主主義が生んだ宿痾と戦い続け、全体主義に屈しない
態度を身をもって示してきた。
コロナでも、ジャニーズ(キャンセルカルチャー)でも、
全体主義に屈せず、今も証明し続けている。

70代では、『おぼっちゃまくん』のアニメがインドで
大ヒットしたために、自分の才能の遺産を、どう残すか?
どう他国に育むか?という課題に取り組んでいる。

まだまだわしの挑戦は続く。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

令和6年 3/2 SAT
18:00~

テーマ: 「歌謡曲を通して日本を語る」@横浜LIVE

INFORMATIONお知らせ