ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ゴー宣ジャーナリスト
2024.2.24 07:00ゴー宣道場

歌舞伎町見聞録

皆さま、おはようございます。
公論サポーター・関東支部の「かえさる」と申します。
自分は、一昨年5月から今年の2月上旬まで、歌舞伎町の不動産会社に勤務していました。

昨年末からホストクラブ・立ちんぼ・トー横キッズの問題がマスコミや様々なメディアで報道されるようになったため、ニュースや雑誌でご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ただ、ホスト絡みの飛び降り自殺が多いという事実は、内容の過激さもありますが余りにも頻繁に起こるため一般のメディアで報道されることは少ないのが現状だと思います。
そんな中でも、下記の事件はご存知の方も多いのではないでしょうか。

昨年11月5日(日)昼頃、TOHOシネマズ新宿(ゴジラビル)での飛び降り自殺。
20代~30代とみられる男性で、ホストの可能性があるとの事でした。
こちらはX(旧Twitter)で動画が拡散されたため、ご覧になった方がいらっしゃるかもしれません。ちなみに、検索すれば現在でもご覧になることはできます。

同じく11月5日(日)午前1時半頃、歌舞伎町ホスト殺人未遂事件。
25歳女性が23歳男性をカッターナイフで刺し、全治2週間ほどの重傷を負わせました。
文集オンラインの記事にもなっています。
「クソガキよ! 舐めてんなよ、コラァ!」歌舞伎町ホスト殺人未遂事件《狂乱の現場》刺した女は「男のせいで半年間、入院生活」「1800万円を貢いだ」「人生を壊されそうになった」 23歳被害男性は“モブホスト” | 文春オンライン (bunshun.jp)

そんな自分も、1年9か月ほどの期間で2回飛び降りの現場に遭遇しています。

最初の1回目は昨年1月頃、20歳前後の女性の自殺未遂。
ビルの間に挟まった状態の救出活動から、救急車で搬送されるところまでを出勤前に見届けました。

2回目は昨年11月15日(水)午後3時頃、20代女性の飛び降り自殺。
ちょうどその時間帯、自分は隣のビルで内装業者と打合せの最中でした。
ちなみにネットで検索すると、このビルでは2018年に7件の自殺及び自殺未遂があったそうです。

さらに言えば、あまりに飛び降りが多すぎて屋上が封鎖されたビルもあります。
過去には、1ヶ月で7人が飛び降りたことがある第6トーアビル。
全テナントがホストクラブです。

他にもホスト絡みの事件は多数ありますが、ご興味を持たれた方はネットで検索してみて下さい。間違いなくゲンナリするほど出てきます。
さすがに昨年半ばあたりから、この街の異様さに気付くようになりました。
そして、一人の男性の活動を知ったのもこの頃でした。

一般社団法人 青少年を守る父母の連絡協議会 (seiboren.jp)(青母連)
玄 秀盛(代表)
『2002年から新宿・歌舞伎町で21年以上、5万件を超える相談に乗り、解決をしてきました。私が創設した「日本駆け込み寺」ではコロナウイルス緩和と同時に、ホストクラブに関する相談が急増したことをきっかけに、2023年7月20日に「青少年を守る父母の連絡協議会」を設立しました。』との事。

ただ、当時は余りにも仕事上の案件が集中しすぎて忙しく、実際にボランティアとして行動することはできませんでした。
自分にできたことは、歌舞伎町関連の動画を観たり書籍を読んだりするくらい。
それでも、いくつかの問題点を導き出すことはできました。

【問題点】
① 約600m四方に満たない街に、250~300店舗ものホストクラブが存在すること。
 しかもその多くは、歌舞伎町二丁目に集中している。
② ホストクラブとホストの関係は、雇用契約ではなく「業務委託」契約であること。
 要するにホストは個人事業主であり、売掛金はホストの立替金(借金)。
 ホストクラブは責任を負っておらず、だからこそスカウトを介して風俗を斡旋したり立ちんぼを勧めることで売掛の回収に勤しむこととなる。
 なお、ヤクザマンションの異名で有名なライオンズマンションでは、理由は不明ですがホストが飛び降りる事件もあったそうです。
③ その結果として、女性が「喰い物」にされているという事実があること。

結局、ボランティア活動に参加するのは転職を決めてから。
仕事上がりに1時間、これまで2回清掃活動を行いました。
当然、TOHOシネマズ横の広場(通称「トー横」)も清掃の対象になっています。
初めての参加時は、10代くらいの男性がゴミ拾いを手伝ってくれて心がホンワカしました。
ただ、2回目の2月3日(土)は衝撃的でした。
手伝ってくれたコが、見た目中学生どころか「小学生!?」って感じの女の子だったから。
「こんな最もCHAOSな街に来ちゃダメだよ!!!」と、心の中で思いましたよ・・・。

現在、清掃活動を行っているNPO法人はいくつかあります。
ただ、20年以上歌舞伎町という街で活動を継続している団体は唯一ここだけです。
トップページ| 日本駆け込み寺 (nippon-kakekomidera.jp)

玄秀盛さんが出ている動画はYouTubeで多くありますが、一番インパクトが強かったのはこちらでした。
初来店の女性客を風俗でいくら稼がせるか値踏みするホストたち (youtube.com)

売掛金を支払うために、2年半で3回オーストラリアに売春に行って、1回につき1,000万円稼いで帰ってくるとか・・・。
体験入店3,000円(今は無料のところもあるそうです)からの、2回目、3回目の来店に至る流れだとか・・・。
地方から出てきて一人暮らし、男性慣れしていない女性がハマりやすいだとか・・・。
ただ、ホストからも相談が来るというのは正直意外でした。
間違いなく、地上波の番組ではここまで踏み込んだ発言はできません!!!

 

ちなみに玄さんが出演していた番組に、最近話題のたかまつななさんも出てました。
【ホスト売掛禁止】歌舞伎町で何が?女性客に多額のツケ払いを?売春・風俗で稼がせる?大空幸星&玄秀盛と議論|アベプラ (youtube.com)

【日刊ゲンダイ DIGITAL】
たかまつなならが日本版#MeToo運動開始で性加害を告発…吉本芸人は組織ぐるみ、悪行次々と明るみに|日刊ゲンダイDIGITAL (nikkan-gendai.com)
【MBSニュース】
なぜ?性被害や人権侵害なくならない芸能界 たかまつななさん、二本樹顕理さんら記者会見で訴える「#芸能人を守る法律を作ろう」 | 特集 | MBSニュース

問題の重大さと深刻さで言えば、比較にならないレベルではないですか?
海外で売春を行うように斡旋された芸能人はいますか?
この度の告発及び会見は、「便乗・売名行為」と思われても仕方ないのではないですか?
厳しく、激しく問い質したいです。

 

今後はボランティ活動を通じて歌舞伎町の街を見聞し、もし機会があれば「日本駆け込み寺」の玄さんから直接お話を伺い、こちらに寄稿できればと思っています。

 


 

 

ある問題に対して人生をかけて関わり、当事者に寄り添い続ける人もいれば、ただその時その時に目立っている「被害者」に駆け寄って行って、一緒に目立とうとしてるだけの人もいる。
そして、マスメディアや多くの「ジャーナリスト」は、後者の人ばっかり取り上げます。何も考えてなくて、ただその場その場で話題になることを追っかけているだけだから。

「ジャーナリズム」もどうせ商売だからそんなもんさなんてニヒらずに、真実を追求しているジャーナリストはいないのか?
いなけりゃ、我々ひとりひとりがなるしかありません!(時浦)

ゴー宣ジャーナリスト

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ