ゴー宣DOJO

BLOGブログ
高森明勅
2024.2.26 07:00皇統問題

憲法よりも皇室の歴史と伝統を優先 せよという意見の頓珍漢さ

先日、ある国会議員の集まりに顔を出して、少し驚いた。
女性天皇に二の足を踏む議員からこんな趣旨の意見が
飛び出したからだ。

「憲法に杓子定規にこだわるよりも皇室の歴史と
伝統を重んじるべきだ」と。

これは恐らく“門地による差別”を禁止した憲法の規定を
目のかたきにした発言だろう。
しかし、憲法を重んじること自体が皇室の大切な伝統である事実は
ご存じないらしい。

しかも、皇位継承資格を「男系男子」に限定するのは、
別に皇室の伝統ではない。

明治の皇室典範以来のことで、それも側室制度と“セット”の話だった。

現在の、側室制度なしで非嫡出子·非嫡系子孫の継承可能性が
排除されなが
ら男系男子限定維持という無理筋な在り方は、
まさに前代未聞。

昭和の皇室典範から始まった全く新しいルールに過ぎない。
それにしても、この議員は憲法を軽んじる余り、
その条文に目を通してさえいないらしい。 

憲法第99条にこうある。 

「天皇又は摂政及び国務大臣、“国会議員”、裁判官その他の
公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負う」
(条文中の「公務員」は“及び”の後の「国務大臣」以下を受けるので
念の為)と。

しかも、この国会議員が立憲主義を標榜する政党に属しているとなると、
ブラックジョークにもならない。

追記
先日のゴー宣DOJOは、早い段階で運営側にお伝えしていたとはいえ、
第1部しか参加できず残念だった。
今後は、7月に皇位継承問題をテーマとするやや大きめのイベントが
計画されているようで、中身は一切知らないが、もし私にも
お役に立てることがあれば参加するつもりだ。

このイベントに先立つ6月には、既に国会で皇位継承問題を巡る
一応の決着を見ている可能性もある。
その場合、僅かでも次に繋がる成果を得て祝福的なムードになるか、
それとも惨めな敗戦後の戦線立て直しに向けての第1歩になるか。
それは勿論、今からの努力次第だろう。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ