ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2024.2.26 10:35ゴー宣道場

後悔しないために軽率に行動しよう!

応募者定員到達で締切!
もうあとわずか!
躊躇しているヒマはありませんよ!!

 


 

こんにちは!
DOJOサポーター関東支部いっぱちです!

3月16日 (土)
ゴー宣DOJO in 東京
「チェブリンに保守思想を分かるまで教える」
が開催されます!

 

 

「保守」と聞いてどんなことをイメージしましたか?

わたしは「古臭い」とか「老害の考え」ぐらいに思ってました。

ちなみにAI先生に聞いてみると

『保守思想は、伝統や秩序、安定を重視し、社会の変化や革新をあまり好まない考え方を指します。保守思想は、社会の安定や秩序を守るために伝統や権威を尊重し、変化やリスクを避ける傾向があります。

保守主義では、家族や地域社会、国家などの伝統的な価値や制度を重要視し、これらが持つ意味や役割を守ろうとします。また、個人の責任や自己規律を重視することもあります。経済面では、市場原理主義を支持し、個人の自己責任や自由競争を尊重する立場も見られます。』

ふむふむ。なるほど。

じゃあ、その反対っぽい「リベラル」をAI先生に聞いてみましょう。

『リベラルという言葉は、政治思想や価値観を表す際に使われることが一般的です。リベラルは、個人の権利や自由、平等、民主主義といった価値を重視し、社会や政府の役割を制限することを支持する考え方を指します。

リベラルは、個人の自由や権利を最大限尊重し、多様性や包括性を重視します。経済面では市場経済を支持しつつ、政府が社会的公正や均衡を促進することも主張します。環境問題や人権、ジェンダー平等といった社会的課題にも積極的に取り組む傾向があります。』

おぉー!!
自由とか平等とか、なんだかロックっぽくてカッコいいぞ!!

リベラルのが良いのか?
保守のが良い?

思想?
シーソー?

思想するってなんだ?
無想転生みたいなもんか?

ここに来れば、すべてが、明らかに!!

今まで気になってたけど、来てない団塊ジュニア世代に告ぐ!

もう、いつ死んでもおかしくない年頃になりました。
「思想」するまえに死んでいいのか?
日本人として「保守」がわからないまま死んでいいのか?

いつ死んでも後悔しないために「軽率に行動」しよう!

『その「申し込みボタン」を押せばどうなるものか。
危ぶめば、道はなし。
迷わず押せよ!押せばわかるさっ!』

…と、ここまで書いたところで【速報】がっ!

『日本人論』3/16DOJOにて先行販売決定!↓
https://www.gosen-dojo.com/blog/45345/

後悔しないために!
応募はこちらです

 

【第115回 ゴー宣DOJO】
■テーマ:『チェブリンに保守思想を分かるまで教える』
■日時:令和6年3月16日(土) 14:00~17:00
■場所:東京都内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:3,000円 (学生割引2,000円、小学生以下は無料)
■応募〆切:定員に達し次第締め切ります。

 

 


 

 

価値観の大変動時代を生き抜くために!
生きた化石となって醜態を晒さないために!
今こそ必要な討論イベントです!
しかも話題の『日本人論』先行販売!
これを見逃す手はありませんね!!

 

 

 

トッキー

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ