ゴー宣DOJO

BLOGブログ
大須賀淳
2024.4.7 15:26その他ニュース

15名中14名が「神道政治連盟国会議員懇談会」

「やっぱりか…」という感想しか無い事実、記録として書いておきます。

 

自民党の「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」は麻生太郎会長以外のメンバーを公式発表していませんが、Webサイトや新聞記事などでは会合の写真で人物を確認できます。

 

DOJOサポーターのモリさんが、Xのポストで全員の氏名を調べてリストアップされていました(素晴らしい!)。

麻生太郎
萩生田 光一
世耕 弘成
茂木 敏充
山谷 えり子
衛藤 晟一
有村 治子
木原 誠二
塩谷 立
奥野 信亮
小渕 優子
森山 裕
関口 昌一
中曽根 弘文
福岡 資麿

 

これを見て、ある事が気になりました。

 

皇位継承において、男系男子を強固に唱える団体の一つ「神社本庁」の政治団体である「神道政治連盟」が、自民党に大きな影響力を持っている事はよく知られています。

 

神道政治連盟に賛同する国会議員によって「神道政治連盟国会議員懇談会」という議員連盟が作られていますが、上記でリストアップされた15名のうち、なんと木原誠二議員を除く14名が「神道政治連盟国会議員懇談会」にも所属。しかも、会長の中曽根弘文議員、副幹事長の有村治子議員といった幹部クラスも。

 

これはパーセンテージに直すと、約93.33%

 

自民党の衆参合わせた国会議員(2024年1月19日時点で376名)のうち、神道政治連盟国会議員懇談会に参加しているのは264名で、多くはあるものの約70%なので、「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」はとりわけ神道政治連盟の影響が強い事がわかります。

 

「そうだろうなー」とは思っていたけど、いざ数字にしてみると、「安定的な皇位継承」なんて言葉でポーズだけ示す白々しさにあらためて憤ってしまいます。

 

懇談会メンバーはっきりと「我々は自分では何も考えず、選挙の際に協力してくださる支持団体様のご意向をそのまま左から右へ流すために存在しています!」とでも言えば良いのに(現実がそうなっている)。何のためにこんなに大勢集まっているんだろう。

 

これならまだ、男系男子固執議員の撹乱で女性・女系天皇容認から後退してしまったとはいえ、ちゃんと「議論」を行っていた立憲民主党の方が「プロセス自体は」ずっとまともと言えるでしょう。

 

ところで、「神道政治連盟国会議員懇談会」(それにしても長い!)を調べていてショックだったのが

 

え!石破さん、男系固執や、女性宮家反対を強固に唱える団体に賛同する議連へ参加してるんですか?もし皇室の問題以外で賛同する部分があっても、それぐらい皇位継承問題は自身の優先度が低いという事なのでしょうか…。

 

期待していただけに、とても残念です。

大須賀淳

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ