ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2024.4.8 11:59皇統問題

「啓蒙はムダ!」に納得!愛子天皇論「女系継承は正当な学説である」感想ご紹介!

現在発売中、SPA!4月9日・16日合併号掲載
『愛子天皇論』
「女系継承は正当な学説である」
の感想ご紹介です!

 


 

「愛子天皇への道」サイト 編集長の基礎医学研究者でございます。

「SPA!」で連載再開された「愛子天皇論」第8回目、ご覧になりましたか?

今回のSPA!、「愛子天皇論」のアノ問題にへんな横槍を入れることなく作者の意向を尊重したことには、一応敬意は払います(ただ、同時に掲載された暗山の連載に関する校閲問題はどうなんですかね?)

第229章感想フォーム
https://forms.gle/aiBGKaBaY83gp5aN7
感想投稿フォームでは、一番印象に残った場面(コマ)をたずねています。

【印象に残った場面】の感想を、紹介していきます。

 

56ページのコマ群
・[最後のコマ] 校閲者の心情を見事に表した一コマ 全てのダンケーカルトも一皮剥けばこうなのだろうと想像できる。(百式改さん)

・[下段1コマ、怒りMAXのよしりん]「皇位継承=男系の血統の刷り込み」から、いつまでたっても脱却できないSPA編集部と男系カルトへのよしりんの怒りに激しく同感。学問の世界で通用する学説と自説を混同して流布するのは一種のプロパガンダ(男系男子固執)のようにも思えます。ヒドイ。(ユディトさん)

・[最後のコマ] 女系継承を論証してるのにそれを理解できていない校閲者が相当残念であったから。ある意味男系固執の根深さを知れてよかったです。おそらくここまでくると説得は不可能かもしれません。(じーまさん)

 

 

57ページのコマ群
・[最後のコマ]元正天皇の背後から放たれているまばゆい光が、皇位を継がれた元正天皇を祝福しているようです。(くりんぐさん)

・[最後のコマ]皮肉にも、在位10年だった息子の文武天皇よりも、在位8年の母元明天皇の方が、律令国家日本の発進に相応しい奈良盆地への遷都を実現させ、また神話を記録し、1300年以上後の世まで残る国民的文学作品を完成させた、特筆すべき偉大な天皇となりました。元明天皇を見ても、天皇は男系男子以外罷りならぬというカルトの理屈が、いかに説得力のないことか。(mantokunさん)

・[最後のコマ]古代の天皇の皇位継承は、ややこしいと感じていたのですが、とても分かりやすかったです。 皇統に属していて、能力的に適任であれば、それ以上の資格は求められていなかったとは、大らかでよいですね。 小林先生の描かれる女性天皇像は、凛々しくて、美しくてステキ。古代史に親しみやすくなります。(すぅいーと ぽて子さん)

・[上段1コマ「校閲とは~仕事だ」と説明しているコマ]元明天皇の業績や、元正天皇への継承についてのコマも挙げたいので迷ったのですが…。よしりん先生の論を捻じ曲げようとする校閲には、私も非常に腹が立ちました。『戦争論』の時もサヨクの校閲者が反論を書き込んできて論争したとのこと。初めて聞き、驚きました。SPA!の編集部は、専門家と同じかそれ以上の真面目さで皇統問題に取り組んでいるよしりん先生の邪魔をしたいのですか?(だふねさん)

 

58ページ最後のコマ
・Xにて、いろんなダンケーとやり取りしてみての実感がまさにこれでした。カルト信者を改心させるにはパーワーがいります。そこまでする気持ちはありません。(tanapomさん)

・啓蒙は無駄!啓蒙は無駄!だって馬鹿だもの~。愛子天皇論第二部に突入した理由、お出ましが増えるほどに、愛子さましか勝たんことが明白な今、やるべき戦い方がこんなにも愉快だから。(れいにゃんさん)

・歌で表現する事で男系固執のバカっぷりが議論よりスンナリ頭に入る。(ひとかけらさん)

 

今回は、現段階では、選択がけっこう分かれているように思えます。ただ、1つおもしろい現象。57ページが印象的だったのは、なぜか女性ばかりでした(あるいは当然か)。

多くの人に読んでいただきたい作品です。

みなさんの感想をお待ちしております<(_ _)>
*長文で感想を投稿したい方は愛子さまサイトブログのコメント欄でも結構です。

愛子さまサイトでは動画も好評配信中!

愛子天皇への道
https://aiko-sama.com/

 


 

 

説得も啓蒙もムダな馬鹿が
自民党・公明党の国会議員の大半!
このままでは馬鹿に皇統が滅ぼされる!
この破滅的馬鹿との戦いには、
絶対に勝たなければなりません!
感想まだまだお待ちしています!!

 

 

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ