ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2024.4.16 16:44皇統問題

国民の総意をさらに目に見える形にする活動は、必ずや実を結ぶことでしょう。『愛子天皇論』感想ご紹介!

早くも感想続々!
『愛子天皇論』
「皇族数を確保して、実は皇室消滅」
感想ご紹介です!!

 


 

 

【まいこさん】
本日発売のSPA!ゴー宣230章「皇族数を確保して、実は皇室消滅」の感想です。

天皇陛下が「安定的な皇位継承に関する与野党協議」を主導する立場の額賀福志郎衆院議長をはじめとした国会議員41名と面会され「皆さんにはくれぐれも体を大切にされ、国民の信託に応え、今後とも、国、社会、人々のために、力を尽くしていかれるよう願っております」と述べられた翌日に拝読できたこと、あたかも歴代天皇の啓示のように感じました。

昨年、行われた「愛子さま祭り」に同道した家族は、「天皇論シリーズ」は未読ながら「皇室のことは、皇室の方がお決めになればいいのに。愛子さまでは、どうしてダメなの?」、先日の「歌謡曲を通して日本を語る」を視聴した際も「愛子さまが天皇になっていただくしか、立ちゆかない」という小林先生の御言葉に「そうだ、そうだ」と呟いていましたので、これが正しい庶民の感覚だと感じておりました。今回、「戦前の皇室典範は皇室の『家法』であり、その改正は皇室の意向によって行われていた」、「皇室典範の改正は皇室の意向、つまり天皇陛下のご意思によって行われなければならない」、「天皇陛下よりも皇室のことを知っている人はいない」と描いていただき、本当に留飲が下がります。

「安定的皇位継承」という喫緊の課題を「皇族数の確保」にすり替えて議論を進めようとする愚劣さも痛烈に写し出してくださいました。愛子さまを迎える歓呼の声を聴けば「皇位継承権を女性に広げる」、すなわち内親王である愛子さまが天皇になっていただく道を拓くことは国民の総意であり、皇室の御意向と完全に一致していると分かるにも関わらず、「混成家族」案を推し進めるふざけ切った輩は、天皇陛下の仰せになられた「国民の信託に応え」ようとは全くしていないと、直系よしりんの憤怒がまざまざと表しています。

議論が空論となり、政治と国民が乖離する悲劇になるかならないかという瀬戸際で、連綿と続く歴史の知恵からではなく、結論ありきの卑小な解釈で皇室をキャンセル、消滅させようとする男系固執派の劣悪ぶりを刻まれた峻烈なる作品を、歴代天皇方は御照覧していらっしゃるように感じます。天皇陛下の御言葉を鑑みても、チェブリン・モン子さんの高らかなる宣言、愛子皇太子を希求する国民の総意をさらに目に見える形にするために繰り出される活動は完全に的を射ており、必ずや実を結ぶことでしょう。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

【優しい架純んてぃさん】
私は以前から、女性宮家創設に関して夫となる方とお生まれになるお子様が一般人のままでは皇族数確保になどならないと考えていました。なぜなら一代限りの皇族数確保。何をどう足掻いたら安定的な皇族数確保になるのか、未だに理解できていません。
それなのに国会議員からこのことを疑問に思う声が一つも上がらない不思議。与党の国会議員は馬鹿か、周囲の根拠もないムードにダンマリを決めてるだけなのでしょう。叩かれると困るからでしょう。
国民の大半が女系容認で愛子さまが天皇に即位されることを期待していることなど知らんぷり。
「ごーまんがしてよかですか?」
よかよか!国民の声を、ボーカルマジョリティをかましてくださいチェブリンモン子さん!

 


 

 

国会議員が絶望的な馬鹿と国賊ばかりだということが
明確になった今、希望は庶民の常識のみ!
これを形にできるのは、
ゴー宣DOJOとよしりんバンドの活動だけ!
だったらやるのみです!!
感想のひとつひとつが力になります。
さらにぜひ感想お寄せください!

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ