ゴー宣DOJO

BLOGブログ
小林よしのり
2024.4.22 10:10日々の出来事

「ゴー宣DOJO in名古屋」の歴史的意義とは?

4月20日の「ゴー宣DOJO in名古屋」は全く予想外の
展開だった。
次世代師範はまだまだ一年間くらい実践訓練の期間を経て、
モノになっていくだろうと思っていた。
高森、倉持がいない場合、次世代はまだ猶予期間で、
その間はわしの独演会気味になるかもしれないと思って
いた。

ところがである。次世代が突然、覚醒した。
自然体の喋りで『日本人論』の中で、自分が気になった
テーマを抽出し、自分の体験・感覚を交えて、説得力
ある感想や見解を、庶民目線で面白く語るので、最初から
最後まで、ずっと楽しく、しかも深い議論になった。

これほどまでに深く掘り下げた「日本人の歴史感覚」の
議論ができるとは、まさに「ゴー宣DOJO」でしか成し
得ないだろう。

「人権」がイデオロギーであることにも気づかず、
2000年にもわたる日本人の「歴史感覚」や「文化」の
喪失を一顧だにしない「サヨクリベラル」と「ネトウヨ」
しか、現在の日本には存在しない無惨さになっている。

「キャンセルカルチャー」は、たった200年の歴史しか
ないアメリカにおいてすらも、反発心が芽生えたのに、
日本では嬉々として受容する者ばかりで、日本人のアイデン
ティティー喪失はもう絶句するばかりだ。

だが、「ゴー宣DOJO」内部から、日本人の「不文のルール」
を意識しようという者たちが覚醒している。
本当はここからしか憲法論議など始まらないのだ。
やっと面白い展開になってきた。
「ゴー宣DOJO」はまだまだ日本の「公論」を形成する
重要な言論の場となっていく可能性がある!
それを確信した歴史的な成功だった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ