ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2024.5.3 10:20ゴー宣道場

文春砲によりお笑いやエンタメが破壊された怒り、忘れるな!5/25は大阪ゴー宣DOJOへ!!

正しく守るべきものが守られ、
淘汰されるべきものが淘汰される
世の中であるべきだと思う方は、
ぜひご参加ください!!

 


 

こんにちは! 
DOJOサポーター関西支部のSAIGAと申します!

5月25日に「第117回ゴー宣DOJO」が、大阪で開催されます。

テーマは、『週刊文春を糾弾せよ!』

「ジャニーズや松本人志について、あることないこと書きやがって!」とお怒りの皆さま、
また「キャンセルカルチャーって?」と疑問に思われる皆さま、
ぜひお集まりください!
今度のDOJOは、その怒りや疑問をベースに考える場です。

一人の芸人を社会から抹殺(キャンセル)してしまう「裏取りなし」のいい加減な記事でお笑い文化を破壊するのが、週刊文春
その記事を検証もせずに鵜呑みにしている、善人ぶりたい偽善マスコミと文化人。

文春のような「キャンセルカルチャー」を煽るメディアを野放しにしていたら、これからも同じことが繰り返される!

ここはしっかり問いただして、「文春はクソ」「鵜呑みにするヤツはアホ」ぐらい言ってやりましょう!
DOJOで!生で!聞いて!対抗してやりましょう!

以前、よしりん先生は、文春記者とやりあった様子を漫画でしっかり表現してくれました。 


 ゴーマニズム宣言 2nd Season p.191下段右より

この時、文春記者はありもしない証拠をちらつかせ、ハッタリかまして自分たちの都合のいいようにもっていこうとしているのがミエミエでした。

しかし、文春記者と対峙したよしりん先生は、実に毅然としていました。

私たち今の日本人に足りないのは、こういう軸のしっかりした大人の態度ではないでしょうか?

こんなうさんくさい連中に、ジャニーズや芸人たちが培ってきた日本のエンタメ文化を破壊されて、黙っていられますか?

私たちの好きだったお笑いやエンタメが破壊された怒りを、思い出してください。

今回、報道被害の当事者でもあった弁護士の倉持麟太郎師範に基調講演をしていただきます。
彼らがいかに悪辣か、法的な観点も含めてお話をしていただけると期待しています。

ぜひ、大阪にお越しください。お待ちしております(m  m)

 

名古屋DOJOでも好評だった、「特典缶バッジ」です!
ぜひともこの機会に、書籍コーナーにてお買い求めください(^^)/

 

DOJOへのご応募はコチラから
このお申し込み画面にジャンプします♪

 

★★★ご注意★★★
説明文をよくお読みの上お申し込みください。
Softbankやdocomoなどのキャリアメールからのお申し込みは、
当選メールが受信できなくなる可能性がありますので使用をお控えください。

【第117回ゴー宣DOJO】
■テーマ:「週刊文春を糾弾せよ!」
■日時:令和6年5月25日(土) 14:00〜17:00
■場所:大阪市内 ※当選された方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:3,000円(学生割引2,000円、小学生以下は無料)
 *ご応募は、定員になり次第、締め切らせていただきます。

※関西支部では、公論イベントやサポーターの活動に
ご興味のある方のお問合せも受け付けております。
(公論サポーター活動って何するの?的なことや、それ以外のことでも(^_^))
ぜひ、お気軽にこちらまで。
kansai.gosendojo.set@gmail.com

 

 


 

 

コロナが流行った頃、ウイルスは本来宿主との共生を目指すもので、宿主を殺してしまったら自分も死んでしまうということを『コロナ論』で学びました。

そう考えると週刊文春は、ジャニーズや松本人志に寄生して書いた記事によって生きていながら、その宿主との共生などサラサラ考えず、ただ食い物にして、たとえ宿主が死のうとお構いなしで、自分だけ生き延びようとしているわけですから、最低です。
週刊文春はウイルス以下! 寄生虫以下!

ウイルス以下、寄生虫以下の人間がいつまでも正義ヅラしてのうのうと生きているのは許せないと思う方は、今すぐご応募ください!!

 

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ